2008年06月27日

2008-47『クライマーズ・ハイ/CLIMBER'S HIGH』を鑑賞しました。

映画映画を鑑賞しました。わーい(嬉しい顔)

2008-47『クライマーズ・ハイ/CLIMBER'S HIGH』(更新:2008/06/27)


クライマーズ・ハイ_01.jpg

クライマーズ・ハイ_11.jpg クライマーズ・ハイ_05.jpg


評価:★★★★★


1985年8月12日
 御巣鷹山に日航機墜落、死者520名−。


走り、叫び、書いた。
 新聞記者たちの激動の一週間。



九ちゃんこと、坂本九もこの事故で亡くなってから早23年。
決して忘れてはいけない「命を追った、あの夏」

原作は横山秀夫の同名小説である。
本人のエピソードは佐山達哉(堺雅人)の最初の御巣鷹山取材とのこと。

実際には道に迷って原稿を寄稿出来ずに落としてしまった。(締め切りに間に合わなかった。)

それから、「クライマーズ・ハイ」とは登山時に興奮状態が極限まで達し、高さへの恐怖感が麻痺してしまう状態のことである。

 
冒頭の事故が判ってからの編集局の騒々しさ。
台詞が乱れ飛ぶが、緊張感もそのまま感じられた。

今回の撮影は「ハリウッド方式」というシーンごとの撮影で日本でのカットごとの撮影ではなかった。
台詞を忘れてもカットせず撮り続ける事で撮り直しの時間を短縮したり役者が段取りに気持ちが行って演技に身が入らないことを排除しようと試みたことでより真実味が増した。

だいたいの台詞は聞こえたが編集局での騒然とした中でのやり取りの台詞はTV放送の声や速報のアナウンスなどで入り乱れる。
後半の悠木和雅(堤真一)がロッククライミングで手を滑らせた時の回想シーンでは、安西燐太郎(小澤征悦)が呼び掛ける声とオーバーラップしていたかな。

熱い思いが交錯する中で、北関東新聞の社長・白河頼三(山崎努)のワンマンぶりが読○新聞のナベツネを彷彿させたのは云うまでもないか。

2時間25分の時間があっというまだった。
それから、途中に悠木と安西燐太郎がロッククライミングしているシーンがないと気が休まらなかった。

サイドストーリーとして悠木が息子のジュンとの確執を創ってしまったことへの反省でラストシーンに繋がるところも気持ちを落ち着けるのに必要でしたよ。


それにしても、新聞社って我々(IT)の業界よりハードでヤクザな仕事だなと思ったぞ。


・・・あとは映画館でご鑑賞ください。


近々『告発のとき』『スピード・レーサー』『カメレオン』を観たいです。


クライマーズ・ハイ_02.jpg クライマーズ・ハイ_04.jpg

クライマーズ・ハイ_03.jpg クライマーズ・ハイ_06.jpg


『クライマーズ・ハイ (2008)』作品情報

■作品情報詳細
日航機墜落事故を追った新聞記者たちの、壮絶な1週間

■映画データ
カテゴリ 【スリラー/サスペンス】【ドラマ】
製作年 2008年
製作国 日本
時間 145分
公式サイト http://climbershigh.gyao.jp/
公開日 2008-07-05〜
配給 東映、ギャガ・コミュニケーションズ
系列 丸の内TOEI1ほか全国にて
公開時コピー 命を追った、あの夏。

■ストーリー
1985年8月12日、群馬県御巣鷹山にJAL123便が墜落、死者520人の大惨事が起こった。前橋にある北関東新聞社では、白河社長の鶴の一声により、一匹狼の遊軍記者・悠木和雅が全権デスクに任命される。そして未曽有の大事故を報道する紙面作り―闘いの日々が幕を開けた。さっそく悠木は県警キャップの佐山らを事故現場へ向かわせる。そんな時、販売部の同僚で無二の親友・安西がクモ膜下出血で倒れたとの知らせが届く…。

事故当時、地元紙の社会部記者として取材に奔走した経験を持つ作家・横山秀夫(「半落ち」など)が、17年の時をかけて書き上げた同名小説を映画化。確固たる信念を持ち、冷静沈着に、時に激昂しながら報道人としての使命感で任務を遂行していく主人公を堤真一が好演、脇を固める俳優たちの報道人“なりきり”ぶりも注目だ。混乱する現場、苛立ちから感情を昂らせる記者とその上司たち、そして加熱する報道合戦を臨場感あふれる映像で一気に見せる。登場人物の緊張や感情の機微をスリリングに描き出したのは、『突入せよ!「あさま山荘」事件』の原田眞人監督。セリフのぶつかり合い、めまぐるしいカット割―原田監督持ち前の集団シーンは見もの。

■スタッフ・キャスト
監督 原田眞人
原作者 横山秀夫
脚本 加藤正人
   成島出
   原田眞人
出演 堤真一    :悠木和雅(日航機事故全権デスク)
   堺雅人    :佐山達哉(県警キャップ)
   尾野真千子  :玉置千鶴子(地域報道班・部員)
   高嶋政宏   :安西耿一郎(販売部)
   山崎努    :白河頼三(社長)
   遠藤憲一   :等々力庸平(社会部・部長)
   田口トモロヲ :岸円治(政経部・デスク)
   堀部圭亮   :田沢善吉(社会部・デスク)
   マギー    :吉井弁次郎(整理部・部員)
   滝藤賢一   :神沢周作(地域報道班・部員)
   皆川猿時   :伊藤康男(販売曲・局長)
   でんでん   :亀島正雄(整理部・部長)
   中村育二   :粕谷隆明(編集局・局長)
   螢雪次朗   :追村穣(編集局・次長)
   野波麻帆   :元・社長秘書
   西田尚美   :安西小百合(妻)
   小澤征悦   :安西燐太郎(息子)


■関連記事
クライマーズ・ハイ
http://cinematoday.jp/movie/T0006053

『クライマーズ・ハイ』
http://www.cinemacafe.net/movies/cgi/21115/

クライマーズ・ハイ (2008)
http://www.eigaseikatu.com/title/21031/


*

 

posted by はっしぃ at 22:40| Comment(10) | TrackBack(28) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメント&TBありがとうございました。

あのめまぐるしいカット割が
緊迫な雰囲気を
リアルに描いているんでしょうね!

とても見応えある映画でした。



Posted by kze at 2008年06月30日 19:59
kze さん
こんばんは
コメントありがとうございます。

見応えがありすぎてかなり疲れたかもしれません。

劇中の佐山記者が落とした記事を読み上げていたシーン、本人の横山さんの思いもあり、物凄く悔しかったというエピソードもありますね。

このことで小説を書き始めるらしい。
 
また、お越しくださいね。
 
Posted by はっしぃ at 2008年06月30日 21:07
こんばんわ。

そう言えば、坂本九さんも、この事故で
亡くなったんですよね。。。
私たちは新聞などで報道を見たり読んだりした
だけでしたが、携帯もない時代、現場の大変さは
まさに地獄だったでしょうね。

私にとっても、あっと言う間に過ぎた2時間25分でした。
見応えのある映画でした。

Posted by くう at 2008年07月09日 23:05
くう さん
こんにちは

コメントありがとうございます。
坂本究さんをはじめ520人の犠牲者をだした事故の残した傷跡は大きかったですよね。

ラストでも云っていた様に圧力隔壁が原因だと言う訳ではないので原因は不明のままというところから、最後の全権キャップの判断が間違っていなかったのかもと思わせるところでもありました。

当時、無線機を使用していた時代ですね。
1985年9月にはショルダーフォンが出来ましたが・・・

あの新聞社では記事の寄稿は足でするもんだとか無線機など導入しないでいじめの様な仕打ちもありましたよね。

それでも、山の中で取材して帰ってきた佐山記者やカメラマンの頑張りが新聞を支えている。

熱い思いの映画でした。(^_^ゞ

また、お越しくださいね。
 
Posted by はっしぃ at 2008年07月10日 10:25
こんにちは!〜TB・コメント有難うございました。
他紙に抜かれまいとワイシャツにネクタイ姿で現場の山へ登る記者。
ネタの大きさに嫉妬する古株集団の横やり。
締め切りを巡る販売部との攻防。
一瞬も気が抜けない記者たちの壮絶な姿を細かいカット割で臨場感満点に活写し、報道の存在意義や人命の尊さを観る者に問う、ベテラン監督・原田さんの手腕はさすがでした。
Posted by パピのママ at 2008年07月10日 16:21
パピのママ さん
こんばんは。
TBはどうもうまく行っていないみたいですね。

凄くいい映画でした。
今年のベスト5に入れておきます。

原田監督だからこそみせる事ができた内容かもしれませんね。

また、お越し下さい。
 
Posted by はっしぃ at 2008年07月10日 21:02
でも、ザッキーです。
映画見ました。

ボリュームたっぷりの原作を読んだ直後ということで、正直映画は期待してなかったんですが、なかなかいい映画でした。。。

原作のいいところをしっかり押さえつつ、映画ならでは演出も随所に盛り込む。なかなか見事でした。

それからハリウッド方式の撮影も見事だったと思います。大部屋のテンションがビシビシ伝わってきました。
Posted by ザッキー at 2008年07月11日 23:49
ザッキー さん
こんにちは

ご覧になりましたか。
原作と映画でイメージが合わない事が多々ありますがいい出来だったということですね。

まぁ、あれだけのめり込めた映画はなかったです。
 
Posted by はっしぃ at 2008年07月13日 18:01
はっしぃさん、こんにちは^^
TB、ありがとうございましたm(__)m
男臭い映画でしたね! テンポも良いし、確かに長さは感じませんでした。
原作は未読なのですが、時間を見つけて原作も読んでみたい気がしました。 人物描写がもっと詳細に描かれていたりするかもしれませんので^^
Posted by cyaz at 2008年07月15日 17:28
cyaz さん
コメントありがとうございます。

いい映画でしたね。

>人物描写がもっと詳細に描かれていたりするかもしれませんので^^

本当にそうかもしれません。
ちょっと、小説も読んでおかなきゃと思わせましたね。
 

Posted by はっしぃ at 2008年07月15日 21:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

映画「クライマーズ・ハイ」
Excerpt: 1985年8月12日、群馬県御巣鷹山にJAL123便が墜落、 死者520人の大惨事が起こった。 前橋にある北関東新聞社では、白河社長の鶴の一声により、 一匹狼の遊軍記者・悠木和雅(堤真一)が全権デス..
Weblog: happy♪ happy♪♪
Tracked: 2008-06-30 19:45

「クライマーズ・ハイ」 チェック、ダブルチェック
Excerpt: 「クライマーズ・ハイ」とは登山時に興奮が極限状態にまで達し、高さへの恐怖心がなく
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2008-07-06 08:44

『クライマーズ・ハイ』
Excerpt: 監督:原田眞人  CAST:堤真一、堺雅人、山崎努 他 1985年8月、群馬県御巣鷹山に日光ジャンボ機が墜落、未曾有の被害者を出す...
Weblog: Sweet*Days**
Tracked: 2008-07-06 19:17

クライマーズ・ハイ
Excerpt:  チェック 、 ダブルチェック
Weblog: 悠雅的生活
Tracked: 2008-07-06 21:48

クライマーズ・ハイ
Excerpt: 舞台構成の巧さがスクリーンに見入らせる!  
Weblog: Akira's VOICE
Tracked: 2008-07-07 17:30

「クライマーズ・ハイ」夢中で次の一歩を出す高揚感
Excerpt: 「クライマーズ・ハイ」★★★★ 堤真一主演 原田眞人、2008年、145分 仕事について考える、 毎日、仕事が楽しくてたまらない、 そんなふうにはなかなか思えないが、 時々、毎..
Weblog: soramove
Tracked: 2008-07-09 08:15

【クライマーズ・ハイ】地獄は現場にあるのか職場にあるのか
Excerpt: クライマーズ・ハイ 公開: 2008年7月 監督: 原田眞人 原作: 横山秀夫 出演: 堤真一、堺雅人、山崎努、高島政宏、小沢征悦 クライ...
Weblog: 映画@見取り八段
Tracked: 2008-07-09 23:08

劇場鑑賞「クライマーズ・ハイ」
Excerpt: 「クライマーズ・ハイ」を鑑賞してきました日航機墜落事件を追う新聞記者たちの1週間を描いた横山秀夫のベストセラー小説を、原田眞人監督、堤真一主演で映画化。事件を追いかける記者たちの、歴史的大事件への影響..
Weblog: 日々“是”精進!
Tracked: 2008-07-10 14:53

映画「クライマーズ・ハイ」
Excerpt: 昨日 初日に行ってまいりました〜〜^^ 一言でいうならば とてもよかったです〜^^見ごたえありました。何か事故 事件があると 新聞記者 報道の仕事は 壮絶なんだなぁ〜と 感嘆いたしました。
Weblog: ice-coffee
Tracked: 2008-07-10 15:14

クライマーズ・ハイ
Excerpt: 極限状況の中、男たちはなにを伝えるのか。混乱する現場で未曾有の大事故を追った新聞記者たちの激動の1週間。決断を迫られた男たちはその時・・・。 物語:1985年8月12日――。終戦記念日を3日後..
Weblog: パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ
Tracked: 2008-07-10 16:23

クライマーズ・ハイ(映画)
Excerpt: ★★★★☆ 原作を読んだばかりですが、早速観てきました。平日夜のレイトショーなのに結構な客入りでした。でもオッサン1人ってのが多か...
Weblog: zakky's report
Tracked: 2008-07-11 23:42

映画vol.151『クライマーズ・ハイ』*試08-07
Excerpt: 監督: 出演:堤真一 堺 雅人 高嶋政宏 製作:公式HP 最近試写会続きで今回は久々舞台挨拶付き、『クライマーズ・ハイ』[i:58] ..
Weblog: Cold in Summer
Tracked: 2008-07-14 16:39

クライマーズ・ハイ 2008-39
Excerpt: 「クライマーズ・ハイ」を観てきました〜♪ 1985年夏。群馬の地方紙、北関東新聞の編集局に羽田発の日航23便がレーダーから消えたとのニュースが飛び込む。まだ事故の全容が見えない中、この事故の全権..
Weblog: 観たよ〜ん〜
Tracked: 2008-07-15 06:31

『クライマーズ・ハイ』
Excerpt:  □作品オフィシャルサイト 「クライマーズ・ハイ」□監督・脚本 原田眞人□脚本 加藤正人、成島 出□原作 横山秀夫  □キャスト 堤 真一、堺 雅人、尾野真千子、山崎 努、遠藤憲一..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2008-07-15 17:22

【2008-162】クライマーズ・ハイ CLIMBER'S HIGH
Excerpt: 人気ブログランキングの順位は? 命を追った、あの夏。 1985年8月12日 御巣鷹山に日航機墜落、死者520名──。 走り、叫び、書いた。 新聞記者たちの激動の一週間。
Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
Tracked: 2008-07-19 02:32

映画『クライマーズ・ハイ』
Excerpt: ことし映画館で観る、46作目はこちら。色々とありまして…感想書くのが遅くなりまし
Weblog: いんどあかめさん日記
Tracked: 2008-07-19 21:46

クライマーズ・ハイ
Excerpt: クライマーズ・ハイ HP http://climbershigh.gyao.jp/ 映画を観ながら、あの1985年8月、ボクは何をしていたのだろうかと思いめぐらす。日航飛行機事故のニュースは衝撃..
Weblog: Art- Mill  あーとみる
Tracked: 2008-07-20 00:20

クライマーズ・ハイ
Excerpt: クライマーズ・ハイ’08:日本 ◆監督: 原田眞人「魍魎の匣」「伝染歌」◆出演: 堤真一、堺雅人、尾野真千子、高嶋政宏、山崎努、田口トモロヲ、堀部圭亮、マギー、滝藤賢一、でんでん、小澤征悦、西田..
Weblog: C'est Joli
Tracked: 2008-07-22 22:11

「クライマーズ・ハイ」みた。
Excerpt: 「え。これで終わり?」というのが瞬間の感想。これ以上長くても困るけれど、残念ながら最後まで、何を一番に描きたかったのか読み取れなかった気も・・・。それでも、「日航機墜落事故」と「クライマーズ・ハイ」。..
Weblog: たいむのひとりごと
Tracked: 2008-07-30 22:35

クライマーズ・ハイ [監督:原田眞人]
Excerpt: 個人的評価:■■■■□□ 縦横無尽なカメラワークが参考になる。
Weblog: 自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ
Tracked: 2008-08-06 19:40

チェック、ダブルチェック。~「クライマーズ・ハイ」~
Excerpt: まずは黙祷。 亡くなった方々のご冥福を祈ります。 また8月がやってくる・・・。 レーダーからジャンボが消えた。 その一報から始まった新聞社内のドタバタは 緊張と混乱と妬みと野望とPTSDと・・..
Weblog: ペパーミントの魔術師
Tracked: 2008-08-09 18:20

クライマーズ・ハイ を観ました。
Excerpt: 最近ペースがメッキリ落ちている映画鑑賞です。あー観たいのがたくさんあるのにね?まぁ仕方ないのでチョビチョビやります…。
Weblog: My Favorite Things
Tracked: 2008-08-16 21:03

クライマーズ・ハイ 第一面は日航墜落事件ではなく新聞記者の人間ドラマでした。
Excerpt: タイトル:クライマーズ・ハイ、製作:ビーワイルト、配給:東映/ギャガ ジャンル:新聞記者のヒューマンドラマ/2008年/145分 映画館:福知山シネマ(135席)19:00〜、9人 鑑賞日時:2008..
Weblog: もっきぃの映画館でみよう(もっきぃの映画館で見よう)
Tracked: 2008-09-16 23:53

mini review 08348「クライマーズ・ハイ」★★★★★★★★☆☆
Excerpt: 1985年、群馬県御巣鷹山で起きた日航機墜落事故をめぐって翻弄(ほんろう)される地元の新聞記者たちの姿を描く社会派ドラマ。実際に記者として日航機墜落の取材をした作家・横山秀夫が自らの体験を反映した同名..
Weblog: サーカスな日々
Tracked: 2009-01-13 23:01

『クライマーズ・ハイ』'08・日
Excerpt: あらすじ1985年8月12日、群馬県御巣鷹山にJAL123便が墜落、死者52人の大惨事が起こった。北関東新聞社では、白河社長の鶴の一声により悠木和雅が全権デスクに任命される。そんな時、販売部の同僚で無..
Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
Tracked: 2009-06-03 08:24

クライマーズ・ハイ(感想121作目)
Excerpt: クライマーズ・ハイはWOWOWで放送ありして鑑賞したけど 結論は私が生誕の1985年事故の作品も凄く良かったよ 内容は1985年8月12日に群馬県御巣鷹山で日航123便が 墜落した記事を巡る..
Weblog: 別館ヒガシ日記
Tracked: 2009-07-09 15:24

クライマーズ・ハイ
Excerpt: 命を追った、あの夏。
Weblog: Addict allcinema 映画レビュー
Tracked: 2009-08-12 15:18

クライマーズ・ハイ
Excerpt: 2008年:日本 原作:横山秀夫 監督:原田眞人 出演:堤真一、堺雅人、尾野真千子、高嶋政宏、山崎努、遠藤憲一、田口トモロヲ、堀部圭亮、小澤征悦 1985年8月12日、群馬県、北関東新..
Weblog: mama
Tracked: 2009-09-02 20:26
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。