2008年07月14日

【話題】竹島の領有権について

【話題】竹島の領有権について

takesima_01.jpg

ひらめき映画ネタではないですけれど・・・わーい(嬉しい顔)


最近、教科書問題から再燃してきたが、兼ねてより気になっていた件である。

さて、かりに韓国の言い分を聞いたとしよう。

では、なぜ1954年に話のあった、日本からの「国際司法裁判所」で問題解決を図りましょうということに関して断り続けるのか?

それは、「ラスク書簡」の拡大解釈が裁判で覆ることを恐れているからに過ぎないのだと思われる。

では、なぜ韓国は1952年に大統領・李承晩の一方的な宣言にて武力による実効支配を行っているのか。

自国であると主張するならば武力は不要だろう。

それからは、韓国国内での教育も韓国の領土として教育されてきているのはマインドコントロールだ。

最後に韓国国民は間違った歴史解釈の中で洗脳された状態にいるのだと思うが、日本の政府は何かしているか?

韓国が要求すると同じ内容で要求すべきであろう。
お互いに対等に話す気がない様ならなおさらだろう。

TVで国旗を燃やしたり大使館への嫌がらせが全ての国民のやっていることではないにしてもとても遺憾である。


それにしても、仮保全措置の申請をICJ(国際司法裁判所)に求めていないのはなぜ?
まったくもって情けない日本政府の下に住んでいるものだ。
 

ラベル:ニュース 日記
posted by はっしぃ at 22:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑学メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです。最近大画面テレビを購入して早速、アクッションを見ました。迫力があっていいですね。

韓国に限らず、外国は、とりあえず言っておこう、ダメでもともとという感覚が強いですね。日本もとりあえずはんろんしておこう、なんて軽くしていれば、うまく行くかもしれませんね。
Posted by eres at 2008年12月03日 12:32
eres さん
こんにちは。
ご無沙汰しています。(^^ゞ

大型TVですか。
良いですね。

床屋ですっきりして年末に向けての準備も着々と済んでいるのかと思いますが如何ですか。

こちらはTVも買換えは辛抱するつもりです。
年賀状もまだ用意していません。
大掃除は中盤になったらチョットずつやろうかな。

外国の考え方って日本人が馴染んでないのと外交下手だったツケなんでしょうね。

麻生さんも総理やめて外交で頑張ったら芽がありそうですけどねぇ。

軽く反論でもしておくか!って考え方が大事なんですね。(^^ゞ
 
Posted by はっしぃ at 2008年12月03日 21:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。