2009年01月22日

2009-18『地球が静止する日』を再観賞しました。

映画映画を鑑賞しました。わーい(嬉しい顔)

2009-18『地球が静止する日』(2回目)(更新:2009/01/22)


*


評価:★★★★☆


ぴかぴか(新しい)感想は以前の日記に書いていますのでそちらをどうぞ。ぴかぴか(新しい)

http://mite.seesaa.net/article/111931452.html


一ヶ月フリーパスポートで鑑賞の24本目。


「人類が滅亡すれば、地球は生き残れる」


面白いけど気になっていたラストシーン。

改めて観賞しましたがやっぱりラストは急ぎすぎてどうなったのかわからない。

そもそも、1928年の山脈にいたのはクラトゥのモデルになるべく人間だったということなのかな。
まさか、70年間調査していた中国人ではないよね。
70年経つと1998年になるからジェイコブの父親のお墓に2007年没とは入らないはず。
従って、1928年のクラトゥと中国人調査員は別人ということですね。

物語としては人間に地球の危機を知らせることで地球滅亡の危機を回避するチャンスを与えてくれというところ。
内容も進め方も問題ない。

やっぱり気になったのはラストシーンでクラトゥが巨大な球体に近づくと攻撃型の昆虫マシンが食べ始める。
クラトゥがタッチしたかのタイミングで身体が食い尽くされた様に見えたが違うのか?

にも関わらず攻撃が中止された。
しかし、クラトゥの意識は感じられるという。
死んでいない。
形を変えて存在しているのだという言葉が思い出された。

人間が行っている自己中心的な活動を改める必要がある。
しっかり考えさせられた映画でした。



 
posted by はっしぃ at 22:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

2008-92『地球が静止する日』を鑑賞しました。
Excerpt: 映画を鑑賞しました。秊 2008-92『地球が静止する日』(更新:2008/12/30) * 評価:★★★★☆ 「人類が..
Weblog: はっしぃの映画三昧!
Tracked: 2009-01-22 23:23
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。