2009年01月24日

2009-20『エレジー』を鑑賞しました。

映画映画を鑑賞しました。わーい(嬉しい顔)

2009-20『エレジー』(更新:2009/01/25)


*


評価:★★☆☆☆


一ヶ月フリーパスポートで鑑賞の26本目。


年老いた男と病気にかかってしまった女の恋愛物語。

ペネロペ・クルスの形のよい乳房には惹かれた。
ただ、このオヤジの様な生活ができるのだろうか?

 
家庭も崩壊し、息子ともうまく行っていないと聞くとなんだか胸が痛いがこのオヤジのやっていることが肯定できる訳ではない。

男の嫉妬心もわかるがどうなんだろうなぁ。
なんとか最後まで観賞したがこの二人は愛し合っていたからそれで良いって結末ですか?

最後まで観てあなたは何を思いますかと云われてもなぁって感じでした。
おいら向きではありませんでした。


・・・あとは映画館でご鑑賞ください。


近々『チェ 39歳 別れの手紙』『誰も守ってくれない』『マンマ・ミーア!』『20世紀少年 第2章』を観たいです。


*


『エレジー (2008)』作品情報

■作品情報詳細
老いた大学教授が美しく若い女性に出会い、彼の心は揺らぎ始める。人生の悲哀を感じさせるラブ・ストーリー

■映画データ
カテゴリ 【ドラマ】
製作年 2008年
製作国 アメリカ
原題 ELEGY
時間 112分
公式サイト http://elegy-movie.jp/
公開日 2009-01-24〜
配給 ムービーアイ エンタテインメント
系列 シャンテシネ、Bunkamuraル・シネマほか全国にて
公開時コピー 未設定

■ストーリー
著名な大学教授デヴィッドは、今日もテレビで自分の著書を解説している。表面的には「成功者」の彼だが、家庭はとうの昔に壊れ、息子とも良い関係を築けない。また、女性には愛よりもSEXを求める日々を送っていた。そんな彼の前に美しい学生コンスエラが現れる。娘ほど歳の離れた彼女にデヴィッドはひと目で虜になり、親密な関係になる。しかし、いつか来る「別れ」を恐れ、デヴィッドは彼女との関係に一線を引こうとする。

「さようならコロンバス」などで知られるアメリカ文学の巨匠フィリップ・ロスの短編「ダイング・アニマル」を、自身が監督でもあるニコラス・メイヤーが脚本化。仕事はできるが日々の快楽に身をゆだねている老教授が、若い女性と出会って激しい恋をする事で、自分の「老い」を再確認する。そんな大人の渋い作品を監督したのは、『死ぬまでにしたい10のこと』で一躍注目されたスペインの女性監督イサベル・コイシュだ。細やかな心理を描くのがうまいコイシュ監督は、ここでも若い女性にひかれながらも、その「若さ」が自分を傷つける事を恐れるという、老教授の微妙な感情表現を引き出している。教授役のベン・キングズレーも名演を見せている。

■スタッフ・キャスト
原作者 フィリップ・ロス 『ダイング・アニマル』
監督 イザベル・コイシェ
脚本 ニコラス・メイヤー
出演 ペネロペ・クルス     :コンスエラ・カスティーリョ
   ベン・キングズレー    :デイヴィッド・ケペシュ
   パトリシア・クラークソン :キャロライン
   デニス・ホッパー     :ジョージ・オハーン
   ピーター・サースガード  :ドクター・ケニー・ケペシュ
   デボラ・ハリー      :エイミー・オハーン


■関連記事
エレジー
http://cinematoday.jp/movie/T0006060

『エレジー』
http://www.cinemacafe.net/movies/cgi/19808

エレジー (2008)
http://www.eigaseikatu.com/title/24257


*

 



posted by はっしぃ at 23:45| Comment(0) | TrackBack(18) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

エレジー
Excerpt: アカデミー賞ノミネートのペネロペ・クルスと、アカデミー賞俳優ベン・キングスレーの共演。監督は親日家のイザベル・コイシェ。村上春樹をこよなく愛し、次回作『Map of the sounds of Tok..
Weblog: LOVE Cinemas 調布
Tracked: 2009-01-27 00:07

エレジー
Excerpt: (原題:ELEGY) 【2008年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★★☆) フィリップ・ロス原作の小説「ダイング・アニマル」を映像化。 若い頃から自由で気ままな恋愛を信条としてきた初老の大学教授が、30..
Weblog: ともやの映画大好きっ!
Tracked: 2009-01-27 10:28

エレジー/ Elegy
Excerpt: あなたは 歳の差、30歳以上の相手と恋愛出来るか?! 『死ぬまでにしたい10のこと』『あなたになら言える秘密のこと』のイサベル・コイシェ監督の新作。 東京国際映画祭で去年秋上映されたけど行けな..
Weblog: 我想一個人映画美的女人blog
Tracked: 2009-01-27 21:57

エレジー まったくノーマークの映画だったが・・・・
Excerpt: 【 5 -1-】 この1月末から3月いっぱいに掛けて、見たい映画{/m_0058/}が目白押しで{/m_0160/} 週に2本ずつ観ていっても、追いつかないかもよ{/m_0200/}どうするよ{/m_..
Weblog: 労組書記長社労士のブログ
Tracked: 2009-01-27 23:35

★「エレジー」
Excerpt: 今週の週末ナイトショウは・・・ 公開初日の「レボリューショナル・ロード」や「007償いの報酬」、 先週公開された「感染列島」も観たかったけど・・・ ひらりん的にはやっぱり、ペネちゃんモノを最優先..
Weblog: ★☆ひらりん的映画ブログ☆★
Tracked: 2009-01-28 00:41

エレジー(映画館)
Excerpt: からだから、こころから、あなたを消せない。もう一度、愛したい。
Weblog: ひるめし。
Tracked: 2009-01-30 10:55

『エレジー』
Excerpt: 監督:イザベル・コイシェ  CAST:ベン・キングスレー、ペネロペ・クルス、デニス・ホッパー 他 初老の大学教授、デイヴィッド(ベ...
Weblog: Sweet*Days**
Tracked: 2009-01-30 21:06

恋が愛に変わる時。『エレジー』
Excerpt: 30歳の年齢差のある男性教授と女子学生の恋愛を描いた作品です。
Weblog: 水曜日のシネマ日記
Tracked: 2009-01-31 12:13

エレジー 2009-5
Excerpt: 「エレジー」を観てきました〜♪ 大学教授のデヴィッド(ベン・キングズレー)は、講義だけじゃなくテレビにも出る有名人、コレまで心よりも身体を重視した恋愛を楽しんできた。或る日、30歳も年齢の離れた..
Weblog: 観たよ〜ん〜
Tracked: 2009-02-01 09:13

エレジー◇ELEGY 愛があるなら年の差なんて・・・。
Excerpt: たとえ恋愛経験豊富でも・・・・・。 いつも恋するときは、初恋と同じ?なるほどね。どんなに多くの恋を経験しても、そのことが活かされるものではないのだ!要するに相手が変われば、その恋愛のかたちも違うから..
Weblog: 銅版画制作の日々
Tracked: 2009-02-02 15:55

エレジー
Excerpt: エレジー  1/28(水)@TOHOシネマズ イヴと手を繋ぎたくてモジモジしてるウォーリーに「今かよっ!」と、イラっとしてしまうワタシなのに、コンスエラ(ペネロペ)と関係を持ちたい一心で..
Weblog: いとしこいし 〜いとしいこいしいものごとのおぼえがき〜
Tracked: 2009-02-04 11:20

エレジー を観ました。
Excerpt: なんとも切ない作品でした…。
Weblog: My Favorite Things
Tracked: 2009-02-15 23:50

「エレジー」みた。
Excerpt: イザベル・コイシュ監督の作風として、今回も”いわく付き”な大人のロマンスだろうと思っていたが、これまでになく「男性視点」の色が濃く、なんだか男の悲哀が強く感じられる作品だと思った。だからジンワリ来るモ..
Weblog: たいむのひとりごと
Tracked: 2009-03-12 17:48

「エレジー」
Excerpt: 「死」の姿もちらつくなかでの、老いらくの恋。 じわじわと見せてくれます。
Weblog: 或る日の出来事
Tracked: 2009-06-07 06:58

「エレジー」
Excerpt: 久しぶりに、“愛の物語”を見たかなぁ
Weblog: 心の栄養♪映画と英語のジョーク
Tracked: 2009-08-03 10:07

mini review 09407「エレジー」★★★★★★★★☆☆
Excerpt: 現代アメリカ文学の巨匠、フィリップ・ロスの短編小説「ダイング・アニマル」を映画化した大人の愛の物語。セックスから関係をスタートさせた男女が、真の愛に目覚めるまでをしっとりと描く。身勝手な大学教授役に『..
Weblog: サーカスな日々
Tracked: 2009-10-17 01:29

『エレジー』
Excerpt: エレジー 初老の大学教授が、30歳年下の教え子と 出会い真実の愛に目覚めていく... 【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞) 原題:Elegy(哀歌) 原作:フィリップ・ロ..
Weblog: 『映画な日々』 cinema-days
Tracked: 2010-12-16 23:40

映画『エレジー』を観て
Excerpt: 9-7.エレジー■原題:Elegy■製作年・国:2008年、アメリカ■上映時間:112分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:1月24日、シャンテシネ(日比谷)スタッフ・キャスト(役名)□監督...
Weblog: KINTYRE’SDIARY
Tracked: 2011-03-27 14:59
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。