2009年01月25日

2009-22『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』を鑑賞しました。

映画映画を鑑賞しました。わーい(嬉しい顔)

2009-22『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』(更新:2009/01/25)


*


評価:★★★☆☆


一ヶ月フリーパスポートで鑑賞の28本目。


なんて云って良いのだろう。
ラストのジョン・ギビングス(マイケル・シャノン)が補聴器のボリュームをオフにすることにこの物語の本質があるのだろうか。
人それぞれの生き方だから批判したりする必要がないのではないか。
一時期褒めていたお前はどんな生き方をしているんだという様な感じを受けた。

 
フランク(レオナルド・ディカプリオ)もエイプリル(ケイト・ウィンスレット)も当時のことから考えると革新的な考え方の二人だったかもしれない。
でも、その夢が叶う状況など幸せな話しかと思ったらそうじゃない。

色々と夫婦の問題も起きてくる。
夫婦喧嘩もある。
これを観て仲直りの難しさも痛感させられる。

フランクが子供と一緒に過ごしている姿に夫婦の難しさを考えさせる。


・・・あとは映画館でご鑑賞ください。


近々『チェ 39歳 別れの手紙』『誰も守ってくれない』『マンマ・ミーア!』『20世紀少年 第2章』を観たいです。


*


『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで (2008)』作品情報

■作品情報詳細
ディカプリオ&ウィンスレット―映画史に輝く永遠のカップル、11年ぶりの共演

■映画データ
カテゴリ 【ドラマ】
製作年 2008年
製作国 アメリカ イギリス
原題 REVOLUTIONARY ROAD
時間 119分
公式サイト http://www.r-road.jp/
公開日 2009-01-24〜
配給 パラマウント ピクチャーズ ジャパン
系列 丸の内ピカデリー1ほか全国にて
公開時コピー 未設定

■ストーリー
1950年代のアメリカ、コネチカット州。フランクとエイプリルのウィーラー夫妻は、閑静な住宅街に暮らし、子供にも恵まれた理想のカップル。しかし、甘い新婚時代の暮らしも次第に色あせていく。演劇志向のエイプリルは地元の劇団の舞台に立つが、芝居の出来が悪く夫婦で口論に。一方フランクは、しがないセールスマンの仕事にやるせない不満を感じていた。そんな時エイプリルが提案する。「みんなで、パリで暮らしましょう」と…。

L・ディカプリオとK・ウィンスレットが『タイタニック』以来11年ぶりの共演を果たした本作。不世出の天才作家、リチャード・イエーツが61年に発表した処女小説を、『アメリカン・ビューティー』でオスカーに輝いたサム・メンデス監督の手により映画化。傍目には理想の夫婦に見えるカップルが、それぞれに理想と現実のギャップに悩み、葛藤し、立ちはだかる問題に阻まれながらも、愛と夢を守ろうと苦悩する姿が描かれる。メンデス監督は『アメリカン・ビューティー』同様に、眩いまでの陽の光のもとに、郊外に住む家族の抱える空虚さと絶望を描いているが、もがき苦しむ若夫婦の姿は、50年代のアメリカが進んだ道を暗示しているかのようでもある。

■スタッフ・キャスト
原作者 リチャード・イェーツ 『家族の終わりに』
監督 サム・メンデス
脚本 ジャスティン・ヘイス
出演 レオナルド・ディカプリオ :フランク・ウィーラー
   ケイト・ウィンスレット  :エイプリル・ウィーラー
   キャスリン・ハーン    :ミリー・キャンベル
   デヴィッド・ハーバー   :シェップ・キャンベル
   キャシー・ベイツ     :ヘレン・ギビングス
   マイケル・シャノン    :ジョン・ギビングス
   リチャード・イーストン  :ハワード・ギビングス


■関連記事
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで
http://cinematoday.jp/movie/T0006936

『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』
http://www.cinemacafe.net/movies/cgi/21950

レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで (2008)
http://www.eigaseikatu.com/title/24405


*

 



posted by はっしぃ at 18:39| Comment(0) | TrackBack(26) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで
Excerpt: つい先日のゴールデングローブ賞では主演女優賞を受賞したケイト・ウィンスレットとレオナルド・ディカプリオが『タイタニック』以来11年ぶりに共演。しかも監督のサム・メンデスはケイト・ウィンスレットの旦那様..
Weblog: LOVE Cinemas 調布
Tracked: 2009-01-26 02:02

レボリューショナリー・ロード 〜燃え尽きるまで/ REVOLUTIONARY ROAD
Excerpt: 『タイタニック』以来の、ケイト・ウィンスレットとレオナルド・ディカプリオの共演ということと 各映画賞でもケイトの演技力に注目が集まってるこの作品{/m_0151/} 札幌駅にあるシネコンで観て来ま..
Weblog: 我想一個人映画美的女人blog
Tracked: 2009-01-26 18:01

[映画『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』を観た]
Excerpt: ☆・・・いや、映画としては非常に面白い。  傑作と言えよう。  しかし、『タイタニック』コンビ(レオナルド・ディカプリオ ケイト・ウィンスレット)による、「その後の『タイタニック』」を期待し、デー..
Weblog: 『甘噛み^^ 天才バカ板!』
Tracked: 2009-01-27 06:22

レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで
Excerpt: 『タイタニック』コンビ、11年ぶりの復活だぁ〜ってワクワクしている場合ではなさそうな作品だけど、公開日に観て来ました〜 (お客さんが6〜7人しかいなかった!寂しい・・・)  【story】1950年代..
Weblog: ★YUKAの気ままな有閑日記★
Tracked: 2009-01-27 10:44

『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』
Excerpt: 監督:サム・メンデス  CAST:ケイト・ウィンスレット、レオナルド・ディカプリオ、キャシー・ベイツ 他 ゴールデングローブ賞 主...
Weblog: Sweet*Days**
Tracked: 2009-01-27 11:06

【レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで】
Excerpt: 監督:サム・メンデス 出演:レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット、キャシー・ベイツ あなたの最愛の人は あなたを愛していますか ―。 「田舎のレボリューショナリー・ロー..
Weblog: 日々のつぶやき
Tracked: 2009-01-27 15:19

映画「レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで」(2008年、米・英)
Excerpt:    ★★★★★  Leonardo DiCaprio とKate Winslet が 「Titanic」(1997年)以来11年ぶりに共演、 夫婦のすれ違いを描いたドラマ。 原作はRichard Y..
Weblog: 富久亭日乗
Tracked: 2009-01-27 22:45

映画「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」の感想です。
Excerpt: 1月24日(土)公開の映画「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」の主演ケイト・ウィンスレットが第66回 ゴールデン・グローブ賞で、最優秀主演女優賞に輝きました。ケイト・ウィンスレットは、『..
Weblog: MOVIE レビュー
Tracked: 2009-01-27 23:48

レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで
Excerpt: すれ違う心。愛しているはずなのに…   
Weblog: 悠雅的生活
Tracked: 2009-01-28 00:55

「レボリューショナリー・ロード〜燃え尽きるまで」みた。
Excerpt: ”おままごと”から脱出するはずだった。。。傍から見れば順風満帆、美男美女の似合いの夫婦に2人の可愛い子供たち。閑静な郊外の住宅地に庭付き一戸建て持ち、理想的な家庭を営んでいるウィラー家。でもそれは、夫..
Weblog: たいむのひとりごと
Tracked: 2009-01-29 16:53

【レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで】
Excerpt: 【REVOLUTIONARY ROAD 】【監督・制作】 サム・メンデス   【原作】 リチャード・イェーツ『家族の終わりに』(ヴィレッジブックス刊)    ...
Weblog: +++ Candy Cinema +++
Tracked: 2009-01-30 12:24

『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』
Excerpt: □作品オフィシャルサイト 「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」□監督 サム・メンデス □原作 リチャード・イェーツ(「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」) □脚本 ジャスティン..
Weblog: 京の昼寝〜♪
Tracked: 2009-01-30 16:02

レボリューショナリー・ロード
Excerpt: - あなたの最愛の人は あなたを愛していますか-。 レオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレット、「タイタニック」以来の共演となる2人の主演作ともなれば、当然話題性抜群。しかも監督はサム・..
Weblog: Peaceナ、ワタシ!
Tracked: 2009-01-30 16:19

婚活女性にオススメ!『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』
Excerpt: 夢や希望に人生を懸けようとする若い夫婦の理想と現実を描いた作品です。
Weblog: 水曜日のシネマ日記
Tracked: 2009-01-31 12:21

レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで
Excerpt: Revolutionary Road(2008/アメリカ=イギリス)【劇場公開】 監督・製作: サム・メンデス 出演:レオナルド・ディカプリオ/ケイト・ウィンスレット/マイケル・シャノン/キャスリン..
Weblog: 小部屋日記
Tracked: 2009-02-01 21:43

『レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで』
Excerpt:  アメリカの作家リチャード・イエーツの小説   『家族の終わりに』('61)を映画化。    個人評価 ★★☆  
Weblog: 『映画な日々』 cinema-days
Tracked: 2009-02-03 21:10

「レボリューショナリー・ロード」あと少し幸せに近い場所へ
Excerpt: 「レボリューショナリー・ロード」★★★★ レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウインスレット主演 サム・メンデス監督、2008年、アメリカ 「それは、やりがいのある仕事ですか? 食べ..
Weblog: soramove
Tracked: 2009-02-05 08:17

『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで 』
Excerpt: レオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットの共演と聞けば、誰しも97年の超大ヒット作を思い浮かべるでしょうが、小生その映画を観に行かなくて変人扱いされましたっけ。周囲には劇場で複数回観た人(4回..
Weblog: 音次郎の夏炉冬扇
Tracked: 2009-02-05 22:11

レボリューショナリー・ロード◎燃え尽きるまで
Excerpt:     Happyで美しい恋愛ドラマかと思っていたら・・・・。 1月30日、MOVX京都にて鑑賞。 「エレジー」とはまったく反対のドラマでした。あの「タイタニック」の美男・美女カップ..
Weblog: 銅版画制作の日々
Tracked: 2009-02-06 01:01

レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで
Excerpt: 2008年度 アメリカ作品 119分 パラマウント配給 原題:REVOLUTIONARY ROAD STAFF 監督:サム・メンデス 脚本:ジャスティン・ヘイス 原作:リチャード・イェーツ『家族の..
Weblog: pure's movie review
Tracked: 2009-02-08 00:37

レボリューショナリー・ロード燃え尽きるまで■日本映画にはない...
Excerpt: 4日の日記に対するE.T.さんからいただいたコメント(いつもありがとうございます)を読んでなるほどと思った。この映画の内容はほとんどが主人公ふたりの感情の発露と対立で成り立っている。それにもかかわらず..
Weblog: 映画と出会う・世界が変わる
Tracked: 2009-02-08 18:16

★「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」
Excerpt: 今週の平日休みは話題作2本を「TOHOシネマズ・ららぽーと横浜」で。 その2本目。
Weblog: ★☆ひらりん的映画ブログ☆★
Tracked: 2009-02-10 01:36

「レボリューショナリー・ロード〜燃え尽きるまで」:品川駅前バス停付近の会話
Excerpt: {/hiyo_en2/}この駅前の老舗ホテルも、とうとうなくなるらしいわね。 {/kaeru_en4/}時代は移り変わっているということだよ。 {/hiyo_en2/}あなたはいつもそう言ってごまか..
Weblog: 【映画がはねたら、都バスに乗って】
Tracked: 2009-02-14 22:27

レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで
Excerpt: あなたの最愛のひとはあなたを愛していますか──。
Weblog: Addict allcinema 映画レビュー
Tracked: 2009-07-12 22:37

「レボリューショナリー・ロード」(REVOLUTIONARY ROAD)
Excerpt: オスカー受賞作「アメリカン・ビューティ」や、「ロード・トゥ・パーディション」 などの作品で知られる英国出身の米映画監督、サム・メンデスがリチャード・イェーツの小説「家族の終わりに」を映画化したヒューマ..
Weblog: シネマ・ワンダーランド
Tracked: 2009-07-19 04:25

映画『レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで』を観て
Excerpt: 9-10.レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで■原題:Revolutionary Road■製作年・国:2008年、アメリカ■上映時間:119分■字幕:戸田奈津子■鑑賞日:2月1日、新宿ジョイ..
Weblog: kintyre's Diary〜Goo Version
Tracked: 2011-04-11 21:54
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。