2009年10月18日

2009-78『ATOM』を鑑賞しました。

映画映画を鑑賞しました。わーい(嬉しい顔)

2009-78『ATOM』(更新:2009/10/18)


*


評価:★★★☆☆(★★★★☆との間)


手塚治虫原作をハリウッドでリメイク。
日本語吹き替え版を鑑賞しました。

アトムは上戸彩が吹き替えしてました。
違和感はありませんでしたね。

劇場は流石に子供が多かった。
当たり前だけどね。

やはり、アトムの抱えているロボットと人間の葛藤が描かれていて良かった。
そうでないと、昔TVで見た鉄腕アトムと変わらないからね。

 
鉄腕アトムを原作、アニメ全部見た覚えはありません。
でも、今回の作品が原作の抱えていた問題も描いていたのかもしれません。

絵のタッチなど、お茶の水博士やひげオヤジなど雰囲気が違ってました。
しかし、物語に影響ないのでよしとしましょう。

それにしても、原作でもストーン大統領みたいな悪い奴って出てきたっけ?
全然覚えてないけど、悪いロボットから人々を守るのがアトムの仕事って感じだけ覚えてます。

エンディングでは聞きなれた曲もかかりますよ。


・・・あとは映画館でご鑑賞ください。


近々『さまよう刃』『ヴィヨンの妻〜桜桃とタンポポ〜』『エスター』『仏陀再誕』『沈まぬ太陽』『SAW6』『アバター』を観たいです。


*


『ATOM (2009)』作品情報

■作品情報詳細
手塚治虫の不朽の名作「鉄腕アトム」をハリウッドでアニメ化。

■映画データ
カテゴリ 【SF/ファンタジー】【アドベンチャー】
製作年 2009年
製作国 アメリカ 香港
原題 ASTRO BOY
時間 105分
公開日 2009-10-10〜
配給 角川エンタテインメント
系列 未設定
公開時コピー 未設定

■ストーリー
空中都市メトロシティで暮らしていたが、事故で帰らぬ人となった少年トビー。テンマ博士は息子トビーをロボットとしてよみがえらせておきながら、もとのトビーとは違うからという理由で捨ててしまう。地上にやって来たトビーは、旧型ロボットや人間たちと触れ合ううちに、ここでアトムとして新しく生まれ変わることになる。

手塚治虫原作で自らテレビアニメ化もした不朽の名作「鉄腕アトム」を、ハリウッドでCGアニメ化。少年トビーがアトムとなる悲しい背景から、人々との触れ合いや冒険を生き生きと描く。アトムの声を務めるのは、『チャーリーとチョコレート工場』『奇跡のシンフォニー』の天才子役フレディ・ハイモア。お茶の水博士を『ラブ・アクチュアリー』のビル・ナイ、テンマ博士を『ゴーストライダー』のニコラス・ケイジが担当するなど、ほかの登場人物の声を演じるキャストたちも豪華。誕生して50年以上を経て、新たなスタイルで生まれ変わったアトムに注目。

■スタッフ・キャスト
原作 手塚治虫
監督 デヴィッド・バワーズ
脚本 デヴィッド・バワーズ
   ティモシー・ハリス
声の出演 フレディ・ハイモア     :アトム&トビー/上戸彩
     ニコラス・ケイジ      :テンマ博士/役所広司
     ビル・ナイ         :お茶の水博士/西村朋紘
     クリステン・ベル      :コーラ/林原めぐみ
     ユージン・レヴィ      :オリン/山寺宏一
     ドナルド・サザーランド   :ストーン大統領/土師孝也
     ネイサン・レイン      :ハム・エッグ&トラッシュ缶/内海賢二
     モイセス・アリアス     :ゼイン/阿部敦
     マデリーン・キャロル    :ウィジェット/かないみか
     スターリング・ボーモン   :スラッジ/宮原永海
     サミュエル・L・ジャクソン :ゾグ
     マット・ルーカス      :スパークス/三木眞一郎
     ビル・ナイ         :ロボツキー/三宅健太
     シャーリーズ・セロン    :ナレーション


■関連記事
ATOM
http://www.cinematoday.jp/movie/T0007485

『ATOM』
http://www.cinemacafe.net/movies/cgi/22405

ATOM (2009)
http://pia-eigaseikatsu.jp/title/151429


*

 






posted by はっしぃ at 17:43| Comment(0) | TrackBack(8) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

『ATOM』 科学の子から父さんの子へ
Excerpt:  【ネタバレ注意】  またか。  科学技術の粋を集めた空中都市メトロシティとスクラップに覆われた地上がスクリーンに映し出されるのを...
Weblog: 映画のブログ
Tracked: 2009-10-18 20:00

『ATOM アトム』
Excerpt: 監督・脚本 デビット・パワーズ 脚本    ティモシー・ハイド・ハリス 製作    マリアン・ガーガー 製作総指揮 ケン・ツムラほか  小さな頃に見たアトム。この映画を見ながら、まだ始まって間がない..
Weblog: You got a movie
Tracked: 2009-10-18 23:46

ATOM
Excerpt: トビオくん トビーで再会 旧友だね  ATOMを観た。手塚治虫生誕80年は日本でのこと。この作品、アメリカ・香港映画ということらしい。監督・脚本はデビッド・バワーズと言う人。おそらく、角川の..
Weblog: 空想俳人日記
Tracked: 2009-10-21 10:25

ラララ科学の子〜『ATOM』 【吹き替え版】
Excerpt:  ASTRO BOY  未来の地球。ロボットが人間に仕える空中都市メトロシティ。ロボット工学 の大家テンマ博士の息子トビーは、軍事用ロボッ...
Weblog: 真紅のthinkingdays
Tracked: 2009-10-22 09:42

「ATOM アトム」科学の子、現代に蘇る
Excerpt: 「ATOM」★★★ 上戸彩、役所広司 声の出演 デヴィッド・バワーズ監督、100分、2009年、2009-10-10公開                     →  ★映画のブログ★    ..
Weblog: soramove
Tracked: 2009-10-31 00:10

アトム
Excerpt: アトムが「新しくなって」蘇りました。従来のアトムとは全く違うしイメージもあまり重ならないので新鮮にみれました。 超科学都市メトロシティ、レッドコアを使ったせいで天才科学者テンマは亡くした自分の息..
Weblog: いやいやえん
Tracked: 2010-04-28 12:35

ATOM
Excerpt: アトムが「新しくなって」蘇りました。従来のアトムとは全く違うしイメージもあまり重ならないので新鮮にみれました。ただEDの途中であの懐かしいメロディが。 超科学都市メトロシティ、レッドコアを使った..
Weblog: いやいやえん
Tracked: 2010-05-02 23:13

『ATOM』'09・香港・米
Excerpt: あらすじテンマ博士は、事故で急逝した息子の代わりにロボットを作り上げる。でも結局はロボット、息子の代わりにはならないとテンマ博士は彼を追い出してしまう・・・。感想言わず...
Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...
Tracked: 2010-11-05 22:52
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。