2010年11月01日

2010-34『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』を鑑賞しました。

映画映画を鑑賞しました。わーい(嬉しい顔)

2010-34『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』(更新:2010/11/03)


インシテミル_00.jpg


評価:★★★☆☆


まぁ、期待していたより普通かな。

ファーストデイだったのと時間が丁度良かったから鑑賞しました。

結城理久彦(藤原竜也)の臆病さが大げさな感じでいつもながら凄いなぁと思うところはある。

須和名祥子(綾瀬はるか)は天然なのか?と思わせる。

登場人物の皆が何か抱えているから謎なのだが。

 
この施設内でのルールは結論が合っていても間違っていても関係ない。

その中で皆が疑心暗鬼になり犯人探しをしていく。

多数決の場合、棄権もあるんだ。

そうなんだぁ。

皆が何もしなければ7日間過ごせるのに秘密を持った人がとんでもない行動することで事件になる。

後は誰も信じなくなるだけ・・・・

最後まで観てもなんだか虚しい感じの映画でしたね。

それにしても。安東吉也(北大路欣也)の行動を凄いと思ったのだが・・・

監視システムは説明を間違っていたのはワザとなのか?

それから、インディアン人形の声がバナナマンの日村でした。(笑)


・・・あとは映画館でご鑑賞ください。


近々『十三人の刺客』『TSUNAMI-ツナミ-』を観たいです。


インシテミル_01.jpg インシテミル_02.jpg

インシテミル_03.jpg インシテミル_04.jpg

インシテミル_05.jpg インシテミル_06.jpg

インシテミル_07.jpg


■関連記事
『インシテミル 7日間のデス・ゲーム』
http://www.cinemacafe.net/movies/cgi/23021

インシテミル 7日間のデス・ゲーム
http://www.cinematoday.jp/movie/T0008754

インシテミル 7日間のデス・ゲーム
http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id336717

インシテミル 7日間のデス・ゲーム (2010)
http://pia-eigaseikatsu.jp/title/154082

インシテミル
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%86%E3%83%9F%E3%83%AB_7%E6%97%A5%E9%96%93%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0


*

 




posted by はっしぃ at 22:43| Comment(2) | TrackBack(1) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ハッシーさん、この映画の鑑賞は、ずいぶん遅かったですね?

初めのインデアンの人形で、「あれ、マサカ、アノ古典のパクリ?」と思ってしまったら、気持ちがそっちに行っちゃって(早く死んだ人が怪しい)、ナンカ集中できなかったです。

ダイブ前に見たので、印象が薄れましたが、藤原さんの演技と言うか、性格がよく判りませんでした。

モウ、推理小説の常道で、怪しい人の登場は、松本清張並に上手く騙されたのですが、ある瞬間、(予定外の事態に際して)馬鹿な言葉を発して、モウ、ばればれに。

よく判らないのは、題名の由来になってしまう、ネットを見ている人たちは、これを本当の殺人ゲームとして見ているのか、如何なのか?です。

それにしても、北小路さんは、何故、生きていたのか、数週間たって見終わった今は、忘れてしまいました。

あの監視ロボットがいなくても、この話は出来たのか?との思いもあります。

(順不同の、思い出しの書き出しになってしまいました)
Posted by ? ネタバレあり at 2010年11月04日 13:23
?さん
いつもありがとうございます。

これは観なくても良いかなって思っちゃって遅くなりました。(笑)
まぁ、普通でしたね。

インディアン人形は気になりましたが結局何もなかった。(笑)

藤原竜也が主役なんだろうけどなぁ。
ここまで大げさにしなくてもと思ったりして・・・(笑)

怪しいあの人はやっぱり天然?
騙しきれないのでは?

石原さとみの方が怪しさ満載でしたけどね。

北小路は自作自演で死んだ振りしていたんだと思ったのですが・・・違いますか?

監視ロボットが殺人を起こさなくても良いだろうけど、主催者のメンバーが何かを仕掛けないと始まらないかなぁって感じですね。

それから、ネットで見ている傍観者は有料サイトで殺人ゲームを楽しんでいるという設定なのかも。

金のない人はそんなサイトの存在すら知らないとか・・・?
情報社会ではありえないか。(^^ゞ

『ブラックサイト』の発想もあったのかな?
 
Posted by はっしぃ at 2010年11月04日 23:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

インシテミル 7日間のデス・ゲーム
Excerpt: ミステリー作家・米澤穂信の同名小説を『リング』の中田秀夫監督が映画化。 時給11万2千円という破格な報酬につられてある団体の心理実験に参加した 10人の男女が、心理ゲームを行っているうちに互いに疑..
Weblog: だらだら無気力ブログ
Tracked: 2010-11-08 00:59
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。