2007年07月15日

2007-34『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』を鑑賞しました。

映画映画を鑑賞しました。わーい(嬉しい顔)

34『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団_01.jpg

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団_02.jpg ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団_03.jpg


評価:★★★☆☆

今回のハリーポッターは額の傷の秘密が明らかになるとか言われていますよね。
早速、先行ロードショーを観賞してきました。

皆、大人になったよね。
ハリーもハーマイオニーも大人っぽくなった。
ロンは前回から大人びていたのでビックリしなかったが、双子のお兄ちゃん(ジョージ&フレッド)は長身なのでビックリか。
でも、印象的なのは、ダズリー家のダドリーだろう。
誰、このいじめっ子はって印象だったが、台詞の内容からダドリーなのかぁってびっくりでしたね。

 
内容としては、前回にヴォルテモートの復活を目撃し、学友セドリックを目の前で殺された経験をしている状況だ。
冒頭、デスイータに襲われ、ダドリーとハリーは間一髪で助かるのだが、魔法省はハリーとダンブルドアが嘘をついて混乱させようとしていると決め付ける。
そうなると、ハリーは追い込まれて行き孤独感にさいなまれる。

こんなにも人間ぽいハリーもなかったのでは?

いつもは助けになるハグリッドが今回は殆どでてこない。
これも、意味があるのだろうけど、謎の部分でした。

話が進むと出てくるキーワード
・ヴォルテモートとハリーの絆
・ヴォルテモートにはなくハリーにあるもの
・予言「どちらかの者しか生きることが出来ない」

結局、傷の秘密はわからなかった。
もしかして、絆と関係があるのか?
謎が多い状態の映画だった感じが強いです。

見所としてはダンブルドアとヴォルテモートが対決するところも圧巻かもしれません。
(おっと、言っちゃ駄目かな。)


カチンコさて、ストーリーですが。【注:ネタバレありって既にネタバレか】

ホグワーツ校の5年生となったハリー。彼が闇の帝王ヴォルデモート卿と戦ったという事実があるにも関わらず、魔法界の人々は、ヴォルデモート卿の復活を信じようとしない。

そんな最中、魔法大臣のコーネリアス・ファッジは、ホグワーツのアルバス・ダンブルドア校長が自分の権力を弱体化させるため、ヴォルデモートの復活について嘘をついているのではないかと心配する。

そこでファッジは、ダンブルドアと生徒達を見張るため、「闇の魔術の防衛術」に新しい先生を採用する。

しかし、採用されたアンブリッジ先生の授業は、若い魔法使いたちの防衛術を強化できるようなものではなく…。


人気シリーズ『ハリー・ポッター』の最新作が遂に完成!今回の監督は、イギリスTV界出身のデビッド・イェーツ。

彼は本作が長編映画デビュー作となる。

また、今回は脚本家も変わり、映画『コンタクト』の脚本家マイケル・ゴールデンバーグが担当する。

またキャスト陣も新メンバーが投入され、新任のアンブリッジ先生役に、『ヴェラ・ドレイク』のイメルダ・スィントン。

“不死鳥の騎士団”メンバーには、『アバウト・ア・ボーイ』のナタリア・ティナや、『レイヤー・ケーキ』のジョージ・ハリスが起用された。

現在のファンタジック・アドベンチャー映画ブームの火付け役ともいえる『ハリー・ポッター』シリーズも第5作を数え、ハリーと仲間たちも15歳と成長した。

彼らだけでなく映画そのものも成長し、進化を遂げている。(作品資料より)

・・・あとは映画館でご鑑賞ください。


■関連記事
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
http://cinematoday.jp/movie/T0005215
「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」
http://eiga.com/special/show/1264
ダニエル・ラドクリフ、舞台のヌードを“先輩”G・オールドマンに相談
http://eiga.com/buzz/show/8029
『ハリー・ポッター』日本で絶好調スタート! 先行上映だけで11億円超え!
http://cinematoday.jp/page/N0011027
秘蔵!『ハリポタ』撮影の現場を公開!
http://cinematoday.jp/page/N0011044
「ハリー・ポッター」最終巻、英国では新聞各紙が書評競争
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070723-00000014-reu-ent






近々『傷だらけの男たち』『怪談』『トランスフォーマー』を観たいです。


■これから上映の映画としては

6月29日(金) 公開作品
『ダイ・ハード4.0』監督:レン・ワイズマン 出演:ブルース・ウィリス、ティモシー・オリファント、マギー・Q、ジャスティン・ロング、ジェフリー・ライト、メアリー・エリザベス・ウィンステッド ほか
備 考: 6月23日(土)=先行上映あり

6月30日(土) 公開作品
『シュレック3』声の出演:マイク・マイヤーズ、エディ・マーフィ、キャメロン・ディアス、アントニオ・バンデラス、ジャスティン・ティンバーレイク、ルパート・エヴェレット ほか
『ボルベール<帰郷>』ペネロペ・クルス、カルメン・マウラ、ロラ・ドゥエニャス、ブランカ・ポルティージョ、チュス・ランプレアヴェ、ヨアンナ・コバ ほか

7月7日(土) 公開作品
『傷だらけの男たち』監督:アンドリュー・ラウ/アラン・マック 出演:トニー・レオン、金城 武、スー・チー ほか
『ジーニアス・パーティー』監督:福島敦子、上海大竜、河森正治、木村真二、福山庸治、二村秀樹、湯浅政明、渡辺信一郎 声の出演:柳楽優弥、菊地凛子、栩原楽人、小倉久寛、三上博史 ほか
『ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ』監督:前田哲 出演:松山ケンイチ、イルカのフジ、池内博之、坂井真紀、永作博美、山崎努 ほか

7月14日(土) 公開作品
『西遊記』監督:澤田鎌作 出演:香取慎吾、深津絵里、内村光良、伊藤淳史、鹿賀丈史、岸谷五朗 ほか
『劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド・パールディアルガVSパルキアVSダークライ』声の出演:松本梨香、大谷育江、豊口めぐみ、うえだゆうじ、林原めぐみ、三木眞一郎 ほか
『それいけ!アンパンマン シャボン玉のプルン/ホラーマンとホラ・ホラコ』声の出演:戸田恵子、中尾隆聖、水野真紀、榎本加奈子、藤井恒久 ほか

7月20日(金) 公開作品
『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』監督:デヴィッド・イェーツ 出演:ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、ヘレナ・ボナム=カーター、ロビー・コルトレーン、レイフ・ファインズ ほか
備 考: 7月14日(土)、15日(日)、16日(月・祝)=先行上映あり

7月21日(土) 公開作品
『ゴーストハウス』クリステン・スチュワート、ディラン・マクダーモット、ペネロープ・アン・ミラー、ジョン・コーベット ほか
『夕凪の街 桜の国』監督:佐々部清 出演:田中麗奈、麻生久美子、吉沢悠、中越典子、藤村志保、堺正章 ほか
『ピアノの森』監督:小島正幸 声の出演: 上戸 彩、神木 隆之介、福田 麻由子、宮迫 博之、池脇 千鶴 ほか

7月28日(土) 公開作品
『レミーのおいしいレストラン』声の出演:パットン・オズワルト、ブラッド・ギャレット ほか
『河童のクゥと夏休み』声の出演:田中直樹、西田尚美、なぎら健壱、ゴリ、冨澤風斗、横川貴大、松元環季、植松夏希 ほか

8月4日(土) 公開作品
『劇場版 仮面ライダー電王/獣拳戦隊ゲキレンジャー 電影版』出演:佐藤健<電王> 鈴木裕樹<ゲキレンジャー> ほか
『劇場版 NARUTO -ナルト- 疾風伝』声の出演:竹内順子、中村千絵、遠近孝一、増川洋一 ほか
『怪談』監督:中田秀夫 出演:尾上菊之助、黒木瞳、井上真央、麻生久美子、木村多江、瀬戸朝香 ほか
『プロヴァンスの贈りもの』監督:リドリー・スコット 出演:ラッセル・クロウ、アルバート・フィニー、マリオン・コティヤール、トム・ホランダー、フレディ・ハイモア ほか
『消えた天使』監督:アンドリュー・ラウ 出演:リチャード・ギア、クレア・デインズ、アヴリル・ラヴィーン、ケイディー・ストリックランド、レイ・ワイズ、ラッセル・サムズ、マット・シュルツェ、クリスティーナ・シスコ ほか
『トランスフォーマー』監督:マイケル・ベイ(製作総指揮:スティーブン・スピルバーグ) 出演:シア・ラブーフ、ミーガン・フォックス、ジョン・ボイト、タイリース・ギブソン、ジョン・タトゥーロ ほか

8月10日(金) 公開作品
『オーシャンズ13』監督:スティーブン・ソダーバーグ 出演:ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット、マット・デイモン、アンディ・ガルシア、ドン・チードル、バーニー・マック、エレン・バーキン、アル・パチーノ、ケイシー・アフレック、スコット・カーン、エディー・ジェイミソン、シャオボー・クィン、カール・ライナー、エリオット・グールド ほか
備 考: 8月4日(土)=先行上映あり

8月11日(土) 公開作品
『呪怨 パンデミック』監督:清水崇 出演:アンバー・タンブリン、アリエル・ケベル、ジェニファー・ビールス、エディソン・チャン、宇野実彩子、サラ・ローマー、サラ・ミシェル・ゲラー ほか

8月18日(土) 公開作品
『ベクシル−2077日本鎖国−』監督:曽利文彦 声の出演:黒木メイサ、谷原章介、松雪泰子、大塚明夫 ほか
『遠くの空に消えた』監督:行定勲 出演:神木隆之介、大後寿々花、ささの友間、小日向文世、鈴木砂羽、伊藤歩、長塚圭史、田中哲司、柏原崇、チャン・チェン(特別出演)、石橋蓮司、大竹しのぶ、三浦友和 ほか

8月25日(土) 公開作品
『Life 天国で君に逢えたら』監督:新城毅彦 出演:大沢たかお、伊東美咲、真矢みき、袴田吉彦、川島海荷、石丸謙二郎、哀川翔 ほか
『シッコ sicko』監督:マイケル・ムーア
『TAXi (4)』監督:ジェラール・クラヴジック (製作・脚本: リュック・ベッソン ) 出演:サミー・ナセリ、フレデリック・ディーファンタル、ベルナール・ファルシー、エマ・シェーベルイ ほか
『ラッシュアワー3』監督:ブレット・ラトナー 出演:ジャッキー・チェン、クリス・タッカー、真田広之 ほか
USAバージョン 『グラインドハウス』(プラネット・テラー/デス・プルーフ 連続上映)
<プラネット・テラー>監督:ロバート・ロドリゲス 出演:ローズ・マッゴーワン、ブルース・ウィリス、クエンティン・タランティーノ、フレディ・ロドリゲス、ジョシュ・ブローリン ほか
<デス・プルーフ>監督:クエンティン・タランティーノ 出演:カート・ラッセル、ロザリオ・ドーソン、ローズ・マッゴーワン、シドニー・タミエ・ポワチエ、ゾーイ・ベル、マーリー・シェルトン ほか

8月 公開作品
『伝染歌』監督:原田眞人 出演:松田龍平、AKB48、伊勢谷友介 ほか

9月1日(土) 公開作品
『グラインドハウス/デス・プルーフ』監督:クエンティン・タランティーノ 出演:カート・ラッセル、ロザリオ・ドーソン、ローズ・マッゴーワン、シドニー・タミエ・ポワチエ、ゾーイ・ベル、マーリー・シェルトン ほか

9月8日(土) 公開作品
『ワルボロ』監督:隅田靖 出演:松田翔太、新垣結衣 ほか
『HERO』木村拓哉、松たか子、大塚寧々、阿部寛、勝村政信、小日向文世、八嶋智人、角野卓造、児玉清
『釣りバカ日誌18』監督:朝原雄三 出演:西田敏行、浅田美代子、谷啓、三国連太郎 ほか

9月15日(土) 公開作品
『包帯クラブ』監督:堤幸彦 出演:柳楽優弥、石原さとみ ほか

9月22日(土) 公開作品
『さらば、ベルリン』監督:スティーブン・ソダーバーグ 出演:ジョージ・クルーニー、ケイト・ブランシェット、トビー・マグワイア ほか
『グラインドハウス/プラネット・テラー』監督:ロバート・ロドリゲス 出演:ローズ・マッゴーワン、ブルース・ウィリス、クエンティン・タランティーノ、フレディ・ロドリゲス、ジョシュ・ブローリン ほか

9月29日(土) 公開作品
『クローズド・ノート』監督:行定勲 出演:沢尻エリカ、伊勢谷友介、竹内結子 ほか

9月 公開作品
『ファンタスティック・フォー: 銀河の危機』ヨアン・グリフィズ、ジェシカ・アルバ、クリス・エヴァンス、マイケル・チクリス ほか
『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』監督:三池崇史 出演:伊藤英明、佐藤浩市、伊勢谷友介、桃井かおり、香川照之、石橋貴明、安藤政信、木村佳乃 ほか
『アーサーとミニモイの不思議な国』監督:リュック・ベッソン 出演:フレディ・ハイモア、ミア・ファロー ほか 声の出演:(字幕版)マドンナ、デイヴィッド・ボウイ、スヌープ・ドッグ、ロバート・デ・ニーロ、アレン・ホイスト、チャズ・パルミンテリ ほか 声の出演:(吹替版)神木隆之介、戸田恵梨香、えなりかずき、タカアンドトシ ほか
『ミス・ポター』監督:クリス・ヌーナン 出演:レニー・ゼルウィガー、ユアン・マクレガー、エミリー・ワトソン ほか

2007年秋 公開作品
『エバン・オールマイティ』監督:トム・シャドヤック 出演:スティーヴ・カレル、ローレン・グレアム、モーガン・フリーマン、ジョン・グッドマン、ワンダ・サイクス ほか
『パーフェクト・ストレンジャー』監督:ジェームズ・フォーリー 出演:ハル・ベリー、ブルース・ウィリス、ジョヴァンニ・リビシ ほか
備 考: PG-12指定
『エディット・ピアフ 愛の讃歌』監督:オリヴィエ・ダアン 出演:マリオン・コティヤール、ジェラール・ドパルデュー ほか
『クローズ ZERO』監督:三池崇史 出演:小栗旬、やべきょうすけ、山田孝之 ほか
『仮面ライダー THE NEXT』監督:田ア竜太 出演:黄川田将也、高野八誠、加藤和樹 ほか
備 考: PG-12指定?
『ノー・リザベーションズ(原題)』監督:スコット・ヒックス 出演:キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、アーロン・エッカート、アビゲイル・ブレスリン、パトリシア・クラークソン ほか
『大統領暗殺』監督:ガブリエル・レンジ 出演:ジョージ・W・ブッシュ ほか
『カタコンベ』監督:デヴィッド・エリオット 出演:シャニン・ソサモン、 アリシア・ムーア(a.k.a P!NK) ほか
※ R-15指定

11月3日(土) 公開作品
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』

11月 公開作品
『バイオハザードV』
『ボーン・アルティメイタム』

12月21日(金) 公開作品
『ナショナル・トレジャー2』

2008年以降 公開予定
『L』デスノートのスピンオフ
『ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子のつのぶえ』
『インディー・ジョーンズ4』
『ハムナプトラ3』
『ランボー4』
『シン・シティ2』
『ジュラシック・パーク4』
『Bond 22』007シリーズ
『スター・トレック XI』
『ターミネーター4』
『マッド・マックス4』


沢山あってみれませんね。(^^ゞ
 
posted by はっしぃ at 23:31| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ダニエル・ラドクリフの似顔絵。「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」「トランスフォーマー」
Excerpt: ●「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」 原作も未読、映画も「賢者の石」・「秘密の部屋」を流し観ただけで、 いきなり「不死鳥の騎士団」を観たのは、やはり無理があった(笑) 大体、ポッター(ダニエル・..
Weblog: 「ボブ吉」デビューへの道。
Tracked: 2007-08-19 17:59

「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」 ボリュームある原作をまとめるだけで精一杯
Excerpt: 「ハリー・ポッター」、小説も映画もだんだん惰性で追っかけているようになってきまし
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2007-09-30 08:48
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。