2007年11月08日

2007-76『SAW4(ソウ4)』を鑑賞しました。

映画映画を鑑賞しました。わーい(嬉しい顔)

76『SAW4(ソウ4)』(更新:2008/01/01)

saw4-poster-big.jpg

saw4light.jpg SAW4_01.jpg


評価:★★★☆☆

原題「Saw IV」です。

エンドロールに音楽の担当、「X Japan」を見つけた。

日本仕様だけのテーマ音楽ではないことが判ったぞ!

さて・・・・



   「ジグソウす」




めたら自宅アパートのバスルーム



居間には、少売春を斡旋していた女

モーテルには、3度無になった連続レイプ犯

小学校には、幼児を待していた夫婦

食肉工場には、二人の同僚



     ”ハロー、リッグ刑事ようこそ再生の旅へ”



いったい、俺はを試されているのか?



 
ヒント(キーワード)

「SEE WHAT I SEE(私の見るものをみ見ろ)」

「FEEL WHAT I FEEL(私の感じるものを感じろ)」

「SAVE AS I SAVE(私が救うように救え)」

ジグソウとアマンダ以外に誰かがいる!

それは誰なんだ?



今度こそ【最前列】に座れ! 限界を超えても、隣にいる奴を見逃すな!!



やられたぁ!

なんだぁ〜、そういうことかぁ!
ジョン・クレイマー(トビン・ベル)がなぜジグソウとなったかの部分も織り込まれており観ていて引き込まれてしまった。

しかし、観ていない人には悪いので教えてあげないけど、初心に帰るべきですね。

冒頭からジグソウの検死解剖が始るのだが結構、凄い映像です。

CSIとかで検死解剖があってもあそこまでの映像はなかったような気がする。


スリラーとか云いながら、生に対しての強いメッセージが込められていますね。

この映画には物凄く訴えかけるものがある。

それは、悪い事をした者が救われるのは己の力以外にないのだということ。

決して、他人が手を貸して魂を救うことなど出来ないと・・・


このことが一番切実なのは犯罪現場にいる警察官ではないのか?

リッグ刑事が試された理由はそこにあるのだと思われた。


それから、SAW3で最後に残ったジェフは生きていたけどねぇ・・・
脇にあったジグソウの遺体はなんだ?ってところに気が付けば冒頭のシーンがどういう意味なのかわかると思うよ。

ところでジェフの娘はどうなったの?
死んじゃった?『SAW3』のラストを再度チェックするとわかる。


■出演者
ジグソウ/ジョン・クレイマー  :トビン・ベル
アマンダ            :ショウニー・スミス
ジル・タック(ジグソウの元妻) :ベッツィ・ラッセル

ケリー刑事           :ディナ・メイヤー
エリック刑事          :ドニー・ウォルバーグ
リッグ刑事(SWAT隊長)   :リリク・ベント
トレーシー(リッグ刑事の妻)  :イングリッド・ハート
ホフマン刑事          :コスタス・マンディラー

ストラムFBI捜査官      :スコット・パターソン
ペレーズFBI捜査官      :アスィナ・カーカニス

セシル             :ビリー・オーティス
ブレンダ            :サライン・ボーイラン
アイヴァン           :マーティ・アダムス
レックス            :ロン・リー
モーガン            :ジャネット・ランド
トレバー            :ケビン・ラシュトン

アート・ブラン         :ジャスティン・ルイ
ジェフ             :アンガス・マクファーデン
無名の男(目の見えない男)   :オレン・コーレス


カチンコさて、ストーリーですが。【注:ネタバレありって既にネタバレか】

ゲームの仕掛け手であったジグソウとその弟子、アマンダは死んだ。

ジグソウ最後のゲーム現場でパズルを解こうと奮闘するホフマン刑事。

ケリー刑事殺害のニュースを聞いたFBIからストラム捜査官とペレス捜査官も駆けつける。

一方、その頃、ジグソウに関わって唯一生き残っていたSWATのリグス指揮官がゲームに強制参加させられていた。

与えられた時間は90分。

すべての罠をクリアして旧友を救うことが出来るのか、それとも地獄の結末を迎えるのか…。

そしてこのゲームを操っているのは何者なのか?


2004年の『ソウ』誕生以来、毎年ハロウィンを恐怖のどん底に陥れている、全世界大ヒットシリーズの第4弾。

一連のゲームの仕かけ手であった2人が死に、終焉に至ったかと思われた時、新たなゲームが始まる…。

製作者チームは新たな脚本家を開発し、パトリック・メルトン、マーカス・ダンスタンという新人コンビにシリーズを託し、シリーズ2、3作目も監督したバウズマンは過去最大のスケールに挑戦。

シリーズ・ファンの鼻面を引き回すかのような大胆なシチュエーション、そしてさらに抉られていくジグソウの物語…。

深化し続けるシリーズ最新作が全世界に衝撃を与える!(作品資料より)


・・・あとは映画館でご鑑賞ください。


■関連記事

ソウ4
http://cinematoday.jp/movie/T0005602

『ソウ4 SAWW』
http://www.cinemacafe.net/movies/cgi/20030/

ソウ4
http://www.eigaseikatu.com/title/19278/

「ソウ」シリーズのジグソウを直撃!意外な素顔を明かす
http://cinematoday.jp/page/N0012050

X JAPANの人気知ったジグゾウがYOSHIKIとの対面切望し、ついに実現!
http://cinematoday.jp/page/N0012053


近々『ボーン・アルティメイタム』を観たいです。





■これから上映の映画としては

10月27日(土) 公開作品
『仮面ライダー THE NEXT』監督:田ア竜太 出演:黄川田将也、高野八誠、加藤和樹、石田未来、森絵梨佳、益子梨恵、六角慎司、未來貴子、 納谷悟朗 (声の出演)、嶋田久作、斎藤洋介、田口トモロヲ ほか
備 考: PG-12指定
『ゾンビーノ』監督:アンドリュー・カリー 出演:キャリー=アン・モス、ビリー・コノリー、ディラン・ベイカー、クサン・レイ、ヘンリー・ツェーニー、ティム・ブレイク・ネルソン ほか
備 考: PG-12指定
『象の背中』原作:秋元康 監督:井坂聡 出演:役所広司、今井美樹 ほか
『アフロサムライ』監督:木ア文智 ( アニメーション制作 : GONZO) 声の出演:サミュエル・L・ジャクソン 、 ケリー・フー、 ロン・パールマン ほか
『自虐の詩』原作:業田良家 監督:堤幸彦 出演:中谷美紀、阿部寛 ほか
『クローズ ZERO』監督:三池崇史 出演:小栗旬ー、やべきょうすけ 、山田孝之、黒木メイサ、桐谷健太、高岡蒼甫、渡辺大、深水元基 ほか
備 考: PG-12指定
『スターダスト』監督:マシュー・ヴォーン 出演:クレア・デインズ、チャーリー・コックス、シエナ・ミラー、ピーター・オトゥール、ミシェル・ファイファー、ロバート・デ・ニーロ ほか
『ブレイブ・ワン』監督:ニール・ジョーダン 出演:ジョディー・フォスター、テレンス・ハワード、ナビーン・アンドリュース、メアリー・スティーンバーゲン ほか
備 考: R-15指定
『アレックスライダー』監督:ジェフリー・サックス 出演:アレックス・ベティファー、ユアン・マクレガー、ミッキー・ローク ほか
『クワイエットルームへようこそ』原作.脚本.監督:松尾スズキ 出演:内田有紀、宮藤官九郎、蒼井優、りょう、妻夫木聡、大竹しのぶ ほか

11月3日(土) 公開作品
『オリヲン座からの招待状』原作:浅田次郎 監督:三枝健起 出演:宮沢りえ、加瀬 亮、宇崎竜童、田口トモロヲ、中原ひとみ、樋口可南子、原田芳雄 ほか
『バイオハザードV』監督:ラッセル・マルケイ 出演:ミラ.ジョヴォヴィッチ、オデッド・フェール、アリ・ラーター、イアン・グレン、アシャンティ ほか
備 考: PG-12指定
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』監督:山崎貴 出演:吉岡秀隆 、堤真一、小雪、堀北真希、もたいまさこ、三浦友和(特別出演)、薬師丸ひろ子 ほか
『恋空』監督:今井夏木 出演:新垣結衣 、三浦春馬 、小出恵介、波瑠、中村蒼、臼田あさ美、山本龍二、麻生祐未、香里奈、高橋ジョージ、浅野ゆう子、深田あき ほか

11月10日(土) 公開作品
『映画 Yes!プリキュア5 鏡の国のミラクル大冒険!』監督:長峯達也 声の出演:三瓶由布子、竹内順子、伊瀬茉莉也、永野愛、前田愛、草尾毅、入野自由、仙台エリ ほか
『やじきた道中 てれすこ』監督:平山秀幸 出演:中村勘三郎、柄本明、小泉今日子 ほか
『超立体映画 ゾンビ3D』監督:ジェフ・ブロードストリート 出演:ブリアンナ・ブラウン、ジョシュア・デローシュ、シド・ヘイグ、ジョアンナ・ブラック、グレッグ・トラヴィス ほか
『ボーン・アルティメイタム』監督:ポール・グリーングラス 出演:マット・デイモン、ジュリア・スタイルズ、ジョーン・アレン、デヴィッド・ストラザーン ほか

11月17日(土) 公開作品
『SAW4』監督:ダーレン・リン・バウズマン 出演:トビン・ベル、スコット・パターソン、ベッツィ・ラッセル、コスタス・マンディロア、リリク・ベント ほか
『モーテル』監督:ニムロッド.アンタル 出演:ケイト.ベッキンセール、ルーク.ウィルソン ほか

11月23日(金) 公開作品
『マイティ・ハート -愛と絆-』監督:マイケル・ウィンターボトム 出演:アンジェリーナ・ジョリー、ダン・ファターマン、アーチー・パンジャビ ほか
『ナンバー23』監督:ジョエル.シュマッカー 出演:ジム.キャリー、ヴァージニア.マドセン ほか
備 考: R-15指定
『肩ごしの恋人』監督:イ・オンヒ 出演:イ・ミヨン、イ・テラン ほか
『ミッドナイト イーグル』監督:成島出 主演:大沢たかお、竹内結子、玉木宏、吉田栄作、袴田吉彦、大森南朋、石黒賢、藤竜也 ほか

11月 公開作品
『ディスタービア』監督:D・J・カルーソ 出演:シャイア・ラブーフ、サラ・ローマー、アーロン・ヨー、デヴィッド・モース、キャリー=アン・モス ほか

2007年秋 公開作品
『エバン・オールマイティ』監督:トム・シャドヤック 出演:スティーヴ・カレル、ローレン・グレアム、モーガン・フリーマン、ジョン・グッドマン、ワンダ・サイクス ほか
※どうも、日本での公開が中止になったようだ。
『タロットカード殺人事件』監督:ウディ・アレン 出演:スカーレット・ヨハンソン、ヒュー・ジャックマン ほか

12月1日(土)公開作品
『XX(エクスクロス)魔境伝説』監督:深作健太 出演:松下奈緒、鈴木亜美、中川翔子、小沢真珠、池内博之 ほか
『椿三十郎』監督:森田芳光 出演:織田裕二、豊川悦司、松山ケンイチ、中村玉緒、藤田まこと ほか

12月8日(土) 公開作品
『マリと子犬の物語』監督:猪股隆一 出演:船越英一郎、松本明子、高嶋政伸、宇津井健 ほか
『PEACE BED アメリカ vs ジョン・レノン』監督:デヴィッド・リーフ 、ジョン・シャインフェルド 出演:オノ・ヨーコ、ジョン・ウィーナー、ロン・コーヴィック、アンジェラ・デイヴィス、ジョン・シンクレア、タリク・アリ、ボビー・シール ほか

12月14日(金) 公開作品
『アイ・アム・レジェンド』監督:フランシス・ローレンス 出演:ウィル・スミス、アリス・ブラガ、サリー・リチャードソン=ホイットフィールド、ウィロー・スミス、チャーリー・タハン ほか

12月15日(土) 公開作品
『サーフズ・アップ』監督:アッシュ・ブラノン、クリス・バック 声の出演:シア・ラブーフ、ジェフ・ブリッジス、ジェームズ・ウッズ ほか
『ザ・シンプソンズ MOVIE』監督:デヴィッド・シルヴァーマン 声の出演:ダン・カステラネタ、ジュリー・カヴナー、ナンシー・カートライト、イヤードリー・スミス、ハンク・アザリア ほか
『えいがでとーじょー!たまごっち』監督:志村錠児 声の出演:下屋則子、釘宮理恵、儀武ゆう子、柚木涼香、矢口アサミ ほか
『スマイル 聖夜の奇跡』監督:陣内孝則 出演:森山未來、加藤ローサ ほか

12月21日(金) 公開作品
『ナショナル・トレジャー リンカーン暗殺者の日記』監督:ジョン・タートルトーブ 製作:ジェリー・ブラッカイマー 出演:ニコラス・ケイジ、ジョン・ボイト、ハーヴェイ・カイテル、エド・ハリス、ヘレン・ミレン、ダイアン・クルーガー

12月22日(土) 公開作品
『ルイスと未来泥棒』監督:スティーヴ・アンダーソン 声の出演:アンジェラ・バセット、トム・セレック、ハーランド・ウィリアムズ ほか
『劇場版BLEACH -ブリーチ-』監督:阿部記之 声の出演:森田成一、朴路美 ほか
『茶々―天涯の貴妃(おんな)―』原作:井上靖 監督:橋本一 出演:和央ようか ほか

12月28日(金)公開作品
『AVP2 エイリアンズVS.プレデター』監督:コリン・ストラウス/グレッグ・ストラウス 出演:レイコ・エイルスワース、ジョン・オーティス、スティーヴン・バスクール ほか

12月 公開作品
『魍魎の匣(もうりょうのはこ)』原作:京極夏彦 監督:原田眞人 出演:堤真一、阿部寛、宮迫博之、永瀬正敏、田中麗奈、椎名桔平、黒木瞳、柄本明、宮藤官九郎 ほか
『光の六つのしるし』監督:デヴィッド・L・カニンガム 出演:アレクサンダー・ルドウィッグ、クリストファー・エクルストン、フランセス・コンロイ、イアン・マクシェーン ほか
『Little DJ 小さな恋の物語』監督:永田琴 出演:神木隆之介、福田麻由子、広末涼子、佐藤重幸、村川絵梨、松重豊、光石研、西田尚美、石黒賢、原田芳雄 ほか
『シナモン the movie/ねずみ物語 〜ジョージとジェラルドの冒険〜』監督:杉井ギサブロー 声の出演:川田妙子、かかずゆみ、大谷育江、佐久間レイ、白石涼子、陣内智則 ほか

2月9日(土) 公開作品
『L』デスノートのスピンオフ

2008年以降 公開予定
『ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子のつのぶえ』
『インディー・ジョーンズ4』
『ハムナプトラ3』
『ランボー4』
『シン・シティ2』
『ジュラシック・パーク4』
『Bond 22』007シリーズ
『スター・トレック XI』
『ターミネーター4』
『マッド・マックス4』
『The Grudge3(原題)』THE JUON/呪怨のパート3
『ピンクパンサー2』
『28週後・・・』
『死霊のはらわた4』
『スパイダーマン4』
『バイオハザード4』
『SAW5』


沢山あってみれませんね。(^^ゞ

 

posted by はっしぃ at 23:55| Comment(5) | TrackBack(30) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBさせて頂きました。
毎作、複雑になってきますが、よく練られたストーリーが続くと感心してます。
1つ1つでの作品でも、4作を通しても大きな矛盾点が見つからないですからね。
Posted by かめ at 2007年11月19日 05:58
TBさせて頂きました。
1つ1つの作品も4作を通しても、大きく矛盾の無い、うまく構成されているのに感心しています。
ちょっと原点に、戻りましたかね。
Posted by かめ at 2007年11月19日 06:01
かめ さん
ようこそ。
初めまして。

TBもありがとうございます。

原作を読まずにみると騙されますね。
ラストシーンでまだまだこれから続くんだと思わせるところが今まで通!

でも、一番の見所はジグソウの展開を誰が演じているかでしょう。

また、お越しください。
これからも、よろしく!
 
Posted by はっしぃ at 2007年11月19日 13:38
今晩は!〜始めまして、ですよね?
この度は、たくさんの作品のTB有難うございました!(^^)!
「ソウ」シリーズは、最初っから観ているので、一年後の続編が楽しみで必ず観に行ってます。
今回は、やはり「3」の内容がかなり関係しているようで、「ソウ」を始めて観る方にはつじつまが合わないでしょうね(汗)
今まで観ていて、私には「1」と「3」のゲームのシーンがお気に入りです(笑)
来年の「5」は、あの刑事が後任者ということで、ゲームを引き続いていくことでしょう。
今後とも宜しくお願いいたします。
Posted by パピのママ at 2007年11月24日 20:47
パピのママ さん
初めまして。
ようこそ。

SAWシリーズは1作目を見逃したのですがTOHOシネマズで1&2のイッキミがあったのでそれがきっかけで毎年観に行ってます。

あの映像の撮り方からシリーズ3の時に同時に撮っていたのかと思われたけどどうなんでしょうね。

来年も楽しみではありますが、流石に慣れてきて星3つです。(^^ゞ
 
Posted by はっしぃ at 2007年11月25日 23:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/65366076

この記事へのトラックバック

ヒントは原点に戻る?「SAW・4」ジグゾウは4(死)んだ!
Excerpt: 全米で公開され ランキングのトップに躍り出た 「SAW4 (ソウ4)」 日本で11月17日土曜日より公開されます。 公開までの一般死者(試写)会は1日のみ、 マスコミ死者(死者)会も1日のみでした..
Weblog: 夢を伝える紳士bobby`s☆hiroのシネプラザ
Tracked: 2007-11-18 02:30

ソウ4
Excerpt: いよいよ公開しましたね。早くもシリーズ4作目となりました。そろそろマンネリ化してきたかな?と思いつつも見ずにはいられません。
Weblog: B級パラダイス
Tracked: 2007-11-18 19:36

ソウ4
Excerpt: ソリッド・シチュエーション・ホラーと銘打った人気シリーズも、あんな終わり方をしてしまった後の四作目にもなるとマンネリ化を超えて違うアプローチをするしかないわけで、前作『ソウ3』からどんな風に軌道修正し..
Weblog: そーれりぽーと
Tracked: 2007-11-18 20:46

『SAW4』
Excerpt: 本音を言うと出来ればこのシリーズはもう見たくないんです。理由は痛いシーンやグロいシーンが多すぎるので結構疲れるからなんです。でも過去3作で生まれた謎を放っておくこともできず今回もまた初日の初回上映で見..
Weblog: めでぃあみっくす
Tracked: 2007-11-18 21:01

ソウ4/SAW IV
Excerpt: 【SAW IV】R-152007/11/17公開(11/17鑑賞) ジグソウは永久に不滅です。
Weblog: 映画鑑賞★日記・・・
Tracked: 2007-11-18 21:14

映画 【ソウ4】
Excerpt: 映画館にて「ソウ4」 ソリッド・シチュエーション・スリラー『ソウ』シリーズ第四弾。 おはなし:ジグソウ(トビン・ベル)と弟子のアマンダが死に、ホフマン刑事はジグソウ最後のゲーム現場でパズルを解こう..
Weblog: ミチの雑記帳
Tracked: 2007-11-18 21:38

ソウ4 / SAW IV
Excerpt: あれー?ジグソウっておじいさんかと思ってたけど、まだ52歳だったのね〜。 ラストよりそっちの方がちょっとびっくり{/face_en/} 2004年に『ソウ』が登場してからというもの、毎年この季節..
Weblog: 我想一個人映画美的女人blog
Tracked: 2007-11-18 23:04

映画「ソウ4」を試写会にて鑑賞。
Excerpt:  5日、虎ノ門のニッショーホールにて「ソウ4」を鑑賞した、「ソウ3」も去年の今頃この会場で鑑賞した。 人気作品らしく開場前から大行列で観客の期待のほどがうかがえる。 まず会場に入ると「SAW」人形がお..
Weblog: masalaの辛口映画館
Tracked: 2007-11-18 23:10

ソウ4
Excerpt: 公開日 2007/11/17監督:ダーレン・リン・バウズマン 「ソウ2」、「ソウ3」出演:トビン・ベル/リリク・ベント/スコット・パターソン/コスタス・マンディラー 他【あらすじ】ジグソウと弟子のアマ..
Weblog: Good job M
Tracked: 2007-11-19 00:40

Saw IV (ソウ4) 
Excerpt: この日記には、ソウ4のちょっとしたネタばれと作り物ですが残酷写真が含まれています。2007年10月26日鑑賞ストーリージグソウの死後、彼の遺体の中から蝋で固められた異質物が摘出される。それは、ホフマン..
Weblog: アリゾナ映画ログ − 砂漠から...
Tracked: 2007-11-19 05:41

ソウ4/試写状
Excerpt: 本日届いたのは、ジグソウが繰り広げる死のゲームを題材にしたホラー映画「ソウ4」(原題:SAW 4)の試写状。 2004年に衝撃的な1作目が公開されてで早4年。 ついにシリーズ第4弾です。 いやぁ..
Weblog: ともやの映画大好きっ!
Tracked: 2007-11-19 06:50

SAW4
Excerpt: JUGEMテーマ:映画 Let's play a game 今年もやってまいりました『SAW』の季節ですねぇ (−゛゛−;) シリーズも今回で4作目ということでね、ま、グロさ..
Weblog: UkiUkiれいんぼーデイ
Tracked: 2007-11-19 09:08

映画観賞感想文『SAW IV』(ネタバレなし)および完全解読とまさかの『SAW V』予想
Excerpt: さるおです。 ※見えるところにネタばれは書きません。これからご覧になる方は、リンク部分(オレンジ色の文字)もクリックしないようにしてください。 ネタばれコメントは大歓迎です。これからご覧になる方はコメ..
Weblog: さるおの日刊ヨタばなし★スターメンバー
Tracked: 2007-11-19 22:51

SAW4/ソウ4 72点(100点満点中)
Excerpt: 諸君らが愛してくれたジグソウは死んだ、何故だ!? 公式サイト シチュエーションミステリーホラー映画シリーズの四作目。 ゲームに参加させられる者と、犯人を追う者、二つの流れが平行して進んで..
Weblog: (´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ)
Tracked: 2007-11-20 08:13

ソウ4
Excerpt: 罰ゲームは続くよどこまでも・・・
Weblog: Akira's VOICE
Tracked: 2007-11-20 16:36

SAW4(試写会)
Excerpt: 【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  ジグソウは不滅です  
Weblog: カリスマ映画論
Tracked: 2007-11-20 20:17

映画観賞感想文『SAW IV』(ネタバレなし)および完全解読とまさかの『SAW V』予想
Excerpt: さるおです。 ※見えるところにネタばれは書きません。これからご覧になる方は、リンク部分(オレンジ色の文字)もクリックしないようにしてください。 ネタばれコメントは大歓迎です。これからご覧になる方はコメ..
Weblog: さるおの日刊ヨタばなし★スターメンバー
Tracked: 2007-11-21 22:24

ソウ4/SAW IV
Excerpt: ジグゾウがついに死んだ!・・・新たなゲームは誰が仕掛けているのか?__ ゲームの仕掛け手であったジグソウとその弟子、アマンダは死んだ。ジグソウ最後のゲーム現場でパズルを解こうと奮闘するホフマン..
Weblog: パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ
Tracked: 2007-11-22 16:54

映画:ソウ4/SAW4 試写会
Excerpt: ソウ4/SAW4 試写会(九段会館) 「SAVE AS I SAVE」 「グッド・シェパード」を観る予定だったのですが、昨日速達で試写状が届き急遽予定変更しました。舞台挨拶もないのにこんな..
Weblog: 駒吉の日記
Tracked: 2007-11-22 18:15

映画観賞感想文『SAW IV』(ネタバレなし)および完全解読とまさかの『SAW V』予想
Excerpt: さるおです。 ※見えるところにネタばれは書きません。これからご覧になる方は、リンク部分(オレンジ色の文字)もクリックしないようにしてください。 ネタばれコメントは大歓迎です。これからご覧になる方はコメ..
Weblog: さるおの日刊ヨタばなし★スターメンバー
Tracked: 2007-11-23 15:03

ソウ4
Excerpt: 11月19日(月) 21:00〜 TOHOシネマズ川崎5 料金:0円(1ヶ月フリーパス) パンフ:600円 『ソウ4』公式サイト いきなりジグソーの解剖シーン。頭の皮をはいで、頭蓋骨を開き..
Weblog: ダイターンクラッシュ!!
Tracked: 2007-11-26 23:00

SAW4
Excerpt: ●SAW4を見てきました。 SAW4はストーリーに結構力入っていて、あまりグロくはないという噂を聞いていたのですが、相変わらずグロかったです…。出だしから、きもかった…。 でも、今...
Weblog: 映画人.net
Tracked: 2007-11-29 11:07

映画観賞感想文『SAW IV』(ネタバレなし)および完全解読とまさかの『SAW V』予想
Excerpt: さるおです。 ※見えるところにネタばれは書きません。これからご覧になる方は、リンク部分(オレンジ色の文字)もクリックしないようにしてください。 ネタばれコメントは大歓迎です。これからご覧になる方はコメ..
Weblog: さるおの日刊ヨタばなし★スターメンバー
Tracked: 2007-11-30 00:08

ソウ4−(映画:2007年140本目)−
Excerpt: 監督:ダーレン・リン・バウズマン 出演:トビン・ベル、ベッツィ・ラッセル、リリク・ベント、スコット・パターソン、アシーナ・カーカニス、コスタス・マンディロア 評価:74点 公式サイト..
Weblog: デコ親父はいつも減量中
Tracked: 2007-12-13 22:35

前作よりグロさおとなしめ? ソウ4 観てきました。
Excerpt:  今回はグロい映画で有名なSAW4(ソウ4)を観てきました。
Weblog: よしなしごと
Tracked: 2007-12-15 20:08

ソウ4 SAW4
Excerpt: 2007年製作のアメリカ映画。 全米初登場1位、興行成績$63,300,095。 残虐な死のゲームに翻弄(ほんろう)される人々の恐怖を、練った展開で描いて世界的大ヒットを記録したサスペンス・スリラ..
Weblog: シネマ通知表
Tracked: 2007-12-24 00:44

SAW4
Excerpt: そうだ 4のレンタルはじまってたなぁと思い ふらっと見にいくと。。。 すべて貸出し中 なぜかホッとしながら(笑) 他を探しに。。。 とりあえず龍が如く【劇場版】 を手にとり..
Weblog: Screen saver☆
Tracked: 2008-03-24 15:06

ソウ4 (Saw IV)
Excerpt: 監督 ダーレン・リン・バウズマン 主演 トビン・ベル 2007年 アメリカ映画 93分 ホラー 採点★★★ 物事を計画立てて取り組むってのがてんで出来ないんで、気がつくといつも追い詰められきった状況..
Weblog: Subterranean サブタレイニアン
Tracked: 2008-04-15 12:20

映画『SAW IV』完全解読1 SAWワールドの時系列
Excerpt: さるおです。 ※ネタばれ記事です。ネタばれコメントも大歓迎です。これから映画をご覧になる方はコメント欄にも気をつけてねー。 『SAW IV』には、おかしな点がいくつかあります。 まずは『SAW』の時..
Weblog: さるおの日刊ヨタばなし★スターメンバー
Tracked: 2008-04-22 14:55

「ソウ4」
Excerpt: この時期に「ソウ」シリーズを続けて観てソウなのは、 ひらりんくらいかもーーー。 だって、「ひらりん的ホラー特集2009夏」 やってるんだもーーん。 本作で7本目ーーーーっ。
Weblog: ★☆ひらりん的映画ブログ☆★
Tracked: 2009-08-16 00:14
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。