2008年03月22日

2008-19『デッド・サイレンス』を鑑賞しました。

映画映画を鑑賞しました。わーい(嬉しい顔)

2008-19『デッド・サイレンス』(更新:2008/03/22)


MOVIE_デッド・サイレンス_101.JPG       デッド・サイレンス_00.jpg

デッド・サイレンス_05.jpg

デッド・サイレンス_07.jpg デッド・サイレンス_09.jpg


叫んじゃダメだ。腹話術人形が舌を切り落とすぞ―『ソウ』を送り出したコンビで描くミステリー・ホラー


評価:★★☆☆☆(★★★☆☆に近い)

原題は「DEAD SILENCE」です。



紀元前6世紀。

死者の魂は

生者の腹を通して話しかけてくると信じられていた。

ラテン語の“腹”と“話”が合わさり、

“腹話術師”という言葉が生まれた。



 
『ソウ』のスタッフが造ったホラー映画だった。

『ソウ』の様な感覚はあるが別物ですね、期待しすぎてガッカリする人もいるかも。

まぁ、相手は幽霊なのでなんでもありかと思ってしまうところで★二つですがミステリー要素もあるのでまずまずかな。

日本のホラーとは違ってやたらと攻撃的だし、人形(腹話術人形)だが、『チャイルド・プレイ』のチャッキーを思い出させた。

後半に出てくるあの人形(写真参照)なんかはまさしくチャッキーだった。

それでも、叫んだら舌を抜かれるエピソードに声が出せないし、何処で出てくるのか判る演出もあり身構えて観てしまうのでこの手の映画が苦手でも準備ができますね。

結末は観てのお楽しみだが、ビックリはすると思う。

最後にマリオンおばあちゃんが隠していた秘密が気になったが、多分結末に関係のあるあのことだろう。


デッド・サイレンス_06.jpg デッド・サイレンス_10.jpg

デッド・サイレンス_08.jpg


■出演
ジェイミー・アーシェン   :ライアン・クワンテン
エラ・アーシェン      :アンバー・ヴァレッタ
エドワード・アーシェン   :ボブ・ガントン
リサ・アーシェン      :ローラ・レーガン

リプトン刑事        :ドニー・ウォールバーグ

ヘンリー・ウォーカー    :マイケル・フェアマン
マリオン・ウォーカー    :ジョーン・ヘニー
リチャード・ウォーカー   :ドミトリー・チェポヴェツキー

メアリー・ショウ      :ジュディス・ロバーツ


カチンコさて、ストーリーですが。【注:ネタバレありって既にネタバレか】

ある雨の夜、ジェイミーとリサの夫妻の元に送り主不明のトランクが届く。

中には、ビリーと名付けられた腹話術人形が入っていた。

その後ジェイミーが外出、帰宅するとリサが舌を切られて死んでいた。

警察に容疑者扱いを受けたジェイミーは自ら事件の謎を解くべく、ビリーを持って故郷のレイブンズ・フェアへと向かう。

そこには「人形」と「舌を抜く」という言葉の入った詩が言い伝えられていたのだった…。


新感覚のソリッド・シチュエーション・ホラーとして世界中で大ヒットした『ソウ』。

この作品を成功に導いたジェームズ・ワン監督と脚本のリー・ワネルのコンビが、新たなホラー作品を作り上げた。

妻を何者かに殺された主人公がその死の謎を追い、腹話術人形にまつわる恐怖の中へと堕ちていく姿を描いていく。

デフォルメされているにも関わらず、どこか生々しい腹話術人形。

その恐怖を最大限に発揮すべく、恐怖をあおるシーンであえて音楽を排除するなど、演出にも工夫がなされている。

ストーリーはミステリータッチで進んでいく…。

恐怖を真正面から受け止めつつ、結末を予想しながら観たい映画だ。


・・・あとは映画館でご鑑賞ください。


■関連記事

デッド・サイレンス
http://cinematoday.jp/movie/T0005854

『デッド・サイレンス』
http://www.cinemacafe.net/movies/cgi/20851/

デッド・サイレンス (2007)
http://www.eigaseikatu.com/title/20505/


近々『HEY JAPANESE! Do you believe PEACE,LOVE and UNDERSTANDING? 2008 2008年、イマドキジャパニーズよ。愛と平和と理解を信じるかい?』『クローバーフィールド/HAKAISHA』『ブラックサイト』を観たいです。


*

 
posted by はっしぃ at 17:30| Comment(0) | TrackBack(12) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

Twist and Shout
Excerpt: ジェームズ・ワンとリー・ワネル。「SAW」シリーズの二人がおかしなおかしな大冒険。人形屋敷に迷い込み、白髪頭の婆さんに追いかけられて東へ西へ。腹話術人形から逃げろや逃げろ、南だ北だ。「デッド・サイレン..
Weblog: MESCALINE DRIVE
Tracked: 2008-03-23 01:01

デッド・サイレンス
Excerpt: (原題:DEAD SILENCE) 【2007年・アメリカ】試写会で鑑賞(★★★☆☆) 「SAW ソウ」シリーズのジェームズ・ワン監督と脚本家のリー・ワネルが新たに仕掛ける、腹話術人形を巡る恐怖の物..
Weblog: ともやの映画大好きっ!
Tracked: 2008-03-23 01:19

『デッド・サイレンス』
Excerpt: (原題:Dead Silence) -----これって、腹話術をモチーフにした映画だよね? 「うん。ぼくなんかは 腹話術と聞いてリチャード・アッテンボローが監督した 『マジック』を思い出したな。 あ..
Weblog: ラムの大通り
Tracked: 2008-03-23 09:10

デッド・サイレンス/ DEAD SILENCE
Excerpt: 『SAW』の監督 ジェームズ・ワンと、脚本&主演したリー・ワネル コンビが放った第二弾{/ee_1/} ということで、あちらで公開してた時から注目してたこの映画、 いよいよ日本にやってきた。 ..
Weblog: 我想一個人映画美的女人blog
Tracked: 2008-03-23 10:13

デッド・サイレンス
Excerpt: 「デッド・サイレンス」 DEAD SILENCE/製作:2007年、アメリカ 8
Weblog: 映画通の部屋
Tracked: 2008-03-23 20:46

映画「デッド・サイレンス」
Excerpt: 映画「デッド・サイレンス」に関するトラックバックを募集しています。
Weblog: 映画専用トラックバックセンター
Tracked: 2008-03-23 21:54

2008-19『デッド・サイレンス』を鑑賞しました。
Excerpt: ... スーザン・サランドン、ジョン・グッドマン、ロジャー・アラム、真田広之、R...
Weblog: 堺雅人の秘密
Tracked: 2008-03-25 01:32

真・映画日記(2)『デッド・サイレンス』
Excerpt: JUGEMテーマ:映画 (1から) 映画館を出て、 西口にある「シネマロサ」へ。 この日が『デッド・サイレンス』の公開初日になるが、客が少ない。 これは明らかに宣伝不足とみた。何しろ..
Weblog:           
Tracked: 2008-03-25 22:16

デッド・サイレンス
Excerpt: 原題 DEAD SILENCE 上映時間 89分 製作年度 2007年 製作国 アメリカ 初公開年月 2008/03/22 監督 ジェームズ・ワン 原案 ジェームズ・ワン、リー・ワネル ..
Weblog: タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌
Tracked: 2008-03-26 04:52

デッド・サイレンス
Excerpt: 「あれ?」「ババァが」「血塗れで」「来るよ」(いっこく堂) <公式サイト> 1だけは伝説級の完成度だった「SAW」のスタッフによる完全新作。 人vs人の諍いだった「SAW」と違い、今回は怨霊さんが..
Weblog: TRIVIAL JUNK Blog
Tracked: 2008-03-30 00:23

「SAW」より静かに〜シー「デッド・サイレンス」
Excerpt: 「ソウ」シリーズのジェームズ・ワン監督と リー・ワネル脚本が仕掛ける最新作 「デッド・サイレンス」 期待しますよね。この二人の作品は・・・ ユニバーサルのロゴマークから 懐かしき怪奇のイメージでス..
Weblog: 夢を伝える紳士bobby`s☆hiroのシネプラザ
Tracked: 2008-04-03 19:02

デッド・サイレンス
Excerpt: DEAD SILENCE 2007年:アメリカ 監督:ジェームズ・ワン 出演:ライアン・クワンテン、アンバー・ヴァレッタ、ドニー・ウォールバーグ、ボブ・ガントン、マイケル・フェアマン ..
Weblog: mama
Tracked: 2009-05-29 20:16
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。