2008年06月02日

2008-39『僕の彼女はサイボーグ』を鑑賞しました。

映画映画を鑑賞しました。わーい(嬉しい顔)

2008-39『僕の彼女はサイボーグ』(更新:2008/06/02)


僕の彼女はサイボーグ_01.jpg

僕の彼女はサイボーグ_05.jpg 僕の彼女はサイボーグ_02.jpg


評価:★★★★☆


強くて可愛い! 僕を命がけで守ってくれる、最強の“彼女”


小出恵介が『猟奇的な彼女』のチャ・テヒョン(キョヌ役)を思い出させる三枚目役で良かったぞ。
それから、クァク・ジェヨン監督なので似たような感じの演出なのだろう。

タイムパラドクスにとらわれずにコメディとして楽しんだ方が良いですよ。

 
最初から疑問に思うところがあって何でかなというところは最後に丁寧に説明してくれます。
ここまで説明されるとちょっと気持ちが萎える感じはあるが、最後にやられました。

おいおい、その説明の部分は無意味にならないか?
そこはコメディなので良しとしておきましょう。

観た人は冒頭の違和感には気づいてましたよね。
彼女(綾瀬はるか)はサイボーグなのか?って。
でも、1年後の11月22日にターミネーターの登場と同じ様な登場でこれはサイボーグだよねとわかる行動だった。
登場シーンはオマージュかと思いはしたけど。

綾瀬はるかってスタイルのわりに顔が小さく感じたけど、可愛かったからよし。
でも、あんなサイボーグが居たらジローみたいに「あれできるの?」って聞いちゃうよね。


・・・あとは映画館でご鑑賞ください。


近々『ザ・マジックアワー』『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』を観たいです。


僕の彼女はサイボーグ_06.jpg

僕の彼女はサイボーグ_04.jpg 僕の彼女はサイボーグ_03.jpg


『僕の彼女はサイボーグ (2008)』作品情報

■作品情報詳細
強くて可愛い! 僕を命がけで守ってくれる、最強の“彼女”

■映画データ
カテゴリ 【コメディ】
製作年 2008年
製作国 日本
時間 120分
公式サイト http://cyborg.gyao.jp/
公開日 2008-05-31〜
配給 ギャガ・コミュニケーションズ
系列 サロンパス ルーブル丸の内ほか全国松竹・東急系にて
公開時コピー 未設定

■ストーリー
20歳の誕生日、祝ってくれる友達もいないジローは、街で“彼女”と出会う。最高に楽しい一日を過ごすが、誕生日が終わる頃、彼女は姿を消してしまい、それから会うことはなかった。1年が過ぎ、去年と同じように一人で誕生日を祝っているジローの前に、“彼女”は現れた。必ずまた会えると信じていたジローは喜ぶが、再会した彼女は何だか去年と違うような…。実は、“彼女”は未来から送り込まれたサイボーグだったのだ!

『猟奇的な彼女』のクァク・ジェヨン監督と日本スタッフが組んだ、繊細でパワフルな“彼女”と、ちょっと頼りないジローのピュアで切ないラブストーリー。恋愛初心者のジローは、未来から送り込まれた“彼女”と共同生活をすることに。大食いで力が強く、ちょっと風変わりな“彼女”に、いつか恋している自分に気付くジロー。しかし、サイボーグの“彼女”に、気持ちが伝わるのか? 終盤に向かうに連れ、ジローの一途さが切ない。主演は、「ホタルのヒカリ」の綾瀬はるか、『恋空』の小出恵介。綾瀬はるかの小悪魔っぽさもキュートだが、小出恵介の三枚目っぷりもチャーミング。ダメ男もスマートに演じられるのが本物のイケメンの証なのかも。

■スタッフ・キャスト
監督 クァク・ジェヨン
脚本 クァク・ジェヨン
出演 綾瀬はるか  :彼女
   小出恵介   :北村ジロー
   喜内琉斗   :北村ジロー(幼少)
   桐谷健太   :ジローの友人
   吉高由里子  :22世紀の高校生
   田口浩正   :無差別殺人鬼
   遠藤憲一   :オークショナー
   小日向文世  :TVリポーター
   竹中直人   :大学教授
   吉行和子   :ジローのおばあちゃん
   蛭子能収   :駄菓子屋のオヤジ
   ドロンズ石本 :警官
   大和田唯斗  :亮介
   斉藤歩
   伊武雅刀
   松本莉緒
   阿井莉沙
   近藤海斗
   水野花
   菅野友輝
   中上海輔


■関連記事
僕の彼女はサイボーグ
http://cinematoday.jp/movie/T0005725

『僕の彼女はサイボーグ』
http://www.cinemacafe.net/movies/cgi/20306/

僕の彼女はサイボーグ (2008)
http://www.eigaseikatu.com/title/20787/


*

 
posted by はっしぃ at 00:16| Comment(0) | TrackBack(13) | 映画感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

僕の彼女はサイボーグ 2008-31
Excerpt: 「僕の彼女はサイボーグ」を観てきました〜♪ 20歳の誕生日を一人で過ごすジロー(小出恵介)に突然変なボディースーツを着た美女(綾瀬はるか)が現れた。さんざんジローを引っ張りまわした挙句、突然いな..
Weblog: 観たよ〜ん〜
Tracked: 2008-06-05 06:31

「僕の彼女はサイボーグ」合格!でもラスト10分は不要かな
Excerpt: 「僕の彼女はサイボーグ」★★★☆オススメ 小出恵介、綾瀬はるか主演 クァク・ジェヨン監督、2008年、120分 初めからサイボーグと分かっているから、 もっと破壊的でムチャクチャな..
Weblog: soramove
Tracked: 2008-06-14 12:12

【2008-131】僕の彼女はサイボーグ
Excerpt: 人気ブログランキングの順位は? ねぇ、ジロー。 あなたと過ごした大切な一日。 私は、何度生まれ変わってもあなたに恋をするよ。 その涙、その微笑み、その勇気は・・・ 愛なのか、..
Weblog: ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
Tracked: 2008-06-14 18:04

★「僕の彼女はサイボーグ」
Excerpt: 今週の平日休みは試写会の予定が入ってるけど、その前にシネコンで1本。 チョン・ジヒョン主演の「猟奇的〜」「僕カノ」を作ったクァク・ジェヨン監督作。 主演は綾瀬はるか、小出恵介。
Weblog: ★☆ひらりん的映画ブログ☆★
Tracked: 2008-06-14 22:25

[映画『僕の彼女はサイボーグ』を観た]
Excerpt: ☆東京は三日ほど雨が降り続いており、なんか映画『セブン』の舞台のようだった。 私は、MOVIXのポイントが貯まったので、本日は誘う人もなかったのだが、一人で、映画『僕の彼女はサイボーグ』を観に行った..
Weblog: 『甘噛み^^ 天才バカ板!』
Tracked: 2008-06-14 23:04

「僕の彼女はサイボーグ」 終盤のもたつきが惜しい
Excerpt: 「猟奇的な彼女」「僕の彼女を紹介します」のクァク・ジェヨン監督の作品です。 本作
Weblog: はらやんの映画徒然草
Tracked: 2008-06-15 07:03

僕の彼女はサイボーグ
Excerpt: ★★★★☆ あの『猟奇的な彼女』のクァク・ジェヨン監督による舞台もキャストも全て日本という作品。クァク監督テイストあふれるSFファ...
Weblog: zakky's report
Tracked: 2008-06-17 22:06

『僕の彼女はサイボーグ』 劇場鑑賞
Excerpt: 寝不足で、途中寝ちゃうかも? な〜んて心配しながら。。。テレビの特番で紹介してるのを見なかったら、DVDまで待つ予定でしたね!過去のクァク監督作品と、類似している部分も見え隠れしてました。不安を抱えな..
Weblog: ANNE'SHOUSE-since1990-
Tracked: 2008-06-19 05:30

【僕の彼女はサイボーグ】時空を越えるファンタジー
Excerpt: 「僕の彼女はサイボーグ」 公開 2008年6月 監督・脚本: クァク・ジェヨン 綾瀬はるか、小出恵介 「私、あなたの心を感じる」 自分...
Weblog: 映画@見取り八段
Tracked: 2008-07-06 03:10

僕の彼女はサイボーグ
Excerpt: 評価★★★★ ジローの持ってたフィギアは何だったのかと・・・
Weblog: 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
Tracked: 2008-07-09 18:46

【映画】僕の彼女はサイボーグ…この記事には書いていない話なんだけど…小出恵介ってイケメン?
Excerpt: 一昨日の記事で靴を買ったって書きましたが…(その日は娘の授業参観だったのですが、早めに切り上げて…15分ぐらいだけ授業見て…嫁さんのバックと私の靴を買いに行った我々夫婦…子供思いじゃないナァ{/fac..
Weblog: ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
Tracked: 2008-12-12 23:43

僕の彼女はサイボーグ
Excerpt: レンタルで鑑賞―【story】21歳の“僕”(小出恵介)を救うために、未来の“僕”が現在の自分に送ったキュートな“彼女”(綾瀬はるか)は、やることなすことすべてが大胆でラフなサイボーグだった。“彼女”..
Weblog: ★YUKAの気ままな有閑日記★
Tracked: 2009-03-28 17:57

僕の彼女はサイボーグ
Excerpt: 教育上よろしくない映画 なぜか猟奇的彼女の監督が日本の俳優を起用しての第三弾。 突然、主人公の前に現れた彼女は自分の誕生日を祝って...
Weblog: 単館系
Tracked: 2010-01-16 00:15
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。